2018.12.12 Wednesday

Spider 幌エラー その7

0

    さて、ご好評いただいておりますこのシリーズも7回目を迎えております。

     

    Spiderの幌開閉がリモートコントロールできるようになる私にとっての神アイテムSmartTOPをはずして以来、イライラとエラー頻度は絶賛上昇中である。このままではいけない、もっと真剣に原因追求すべきである!と思い、みんカラでお友達になっていただいたSpider乗りの方に相談させていただき、幌修理に長けていると評判のお店に診ていただくことにした。

     

    アルファロメオ高前 HPより画像拝借

     

    予約日の前日、関東から東北にかけて寒波やってきて、東京でも初雪が見られるのでは、というほどの冷え込み。ニュースでは脅しのように「現在高崎では冷たい雨が降っています!」的な実況中継が繰り返されていてドキドキだったのだが、無事雨のままで済んだ。

     

     

    うちからちょうど100キロ、通勤時間帯にもかかわらず2時間かからず到着。

    綺麗な受付嬢がお迎えに出てきてくださって、サービスフロントで受付を済ませ、隣接するフィアットの展示場の方へ案内された。

    フィアット高前 こちらもHPより拝借

     

    1階のチンクやアバルトの脇を通って、待合室を兼ねたラウンジへ奥の階段から2階へ案内されたのだが、いちいち可愛い。

     

    2階へいざなうこのイラスト!ちょー可愛い!

     

     

    2階に上がってすぐにはこんな感じでフィアットグッズが展示されており、その奥にはドリンクと軽食を注文できるカウンターとゆったりソファスペースが広がっている。

     

     

     

    あらあら、アルファロメオのショールームってこんなにオシャレになってたのか。知らなかった。あ、こっちはフィアットか。とりあえずカモミールティーをお願いし、ひたすらくつろぐ。この席からはこんな感じで1階も見える。

    赤いチェックの見えるガラステーブルの席、この椅子はアバルトコンペの座席を模していて面白い。

     

    もちろんお手洗いも探検した。ここも期待を裏切らずカワイイ。男性用お手洗いを通りすぎて見えたのがこのふたつのドア。

     

     

    反則級にカワイイ!そして女性用のドアを開けるとオサレな洗面台が!

    左奥に見える小物は、右手前がハンドクリーム、奥がスプレー、真ん中が個包装マウスウォッシュ(バラの香り)でその左にコットンとあぶらとり紙、そして手前にハンドタオル。ひょえ〜!

     

    もちろん隣接するおトイレも大きな荷物も置けるさりげない台が設置されていて、とても清潔。

     

    すっかり堪能させていただき、お茶もなくなり、携帯をいじるのにも雑誌を読むのにも飽きてきた11時半ごろ、サービスフロントの方が作業報告書を持ってお迎えに来てくださった。診ていただいた結果がこれ。

     

     

    なんと、あんなに頻発していたエラーがこちらでは確認できなかったとのこと!これってアルファあるあるよね…

    しかし、テスターを当てた結果、ドライブリレー信号のエラーが残っていたとのことで、大方の予想通りフラップモーターが最大容疑者。こちらでは正常作動していたこと、部品の在庫はないことから、とりあえず調整を行なって様子を見る、という結果になった。がっくしー。まぁ、容疑者がはっきりわかっただけでもよかったとしよう。

     

    帰り際、先日のacatsuki-studioさんのブログを拝見して気になっていたタイヤの空気圧を確認してもらったら、なんと2.1barまで落ちていた!とりあえず、4輪とも2.5barに揃えてもらう。ちなみに指定空気圧は235/45R18で前輪2.7、後輪2.5。どんだけ抜けてるのだか…

     

    来るときには降っていた冷たい雨がすっかり上がり、気温も上がってきたので、きっちりオープンで帰ることに。もちろんエラーなしで1発OK。スタッフの方に見送られ、店舗からすぐの前橋ICから関越道に乗り、比較的すぐの上里PAで一旦幌を閉めてお昼ご飯。済ませて戻って幌を開けるとエラー。…あ、やっぱり?あなたってそういう子よね。わかってたわ。お馴染みの幌自体が動き出す手前で止まり、何度か押しなおすことで再度動き始め、開く動作が全て終了する手前でまたエラー。いつもと同じパターン。どうしてこれがお店では再現されないのかしら。手馴れてきた介助でopen operationを完了させて東京へ向けて走った。ん、やっぱりフラップモーターを買おう、と決意しながら。

     

    往復200キロかけて、待ち時間含めて6時間かけて、予想が正しかったことを確認できたのは収穫と言っていいのだろうか。少なくとも読者の皆さんの期待は裏切らなかったと思う(笑)。

     

    斯くして、このシリーズはまだ続く。

     

    JUGEMテーマ:ALFA ROMEO

     

    2018.12.09 Sunday

    オープンで走る低気温限界は?

    0

      先週はあまりSpiderに乗れなかった。飲み会とか雨とか。

      今週は乗りたい。そう思って洗車した。外気温8度くらいの日陰で洗ったので、流石に手がかじかんだ。しかし明日はさらに冷えて、母の情報によると雪が舞うかもしれないという気温らしい(が、私はあまり信じていない)。しかし晴れ予報なので乗っていかない手はない。通勤時間帯は5度くらいだろう。一週間乗っていないと、寒い中でのオープン走行が結構堪える。でもシートヒーターもあるし、暖房も十分効いているし。やっぱり明日はオープンで通勤だな、うん。

       

      問題はちゃんと開くかだな。

       

      JUGEMテーマ:ALFA ROMEO

      2018.12.03 Monday

      Spider 幌エラー その後6

      0

        はい、恒例となっております幌エラーの報告です。

        リモコン機能をつけてくれるSmartTOPを外してから、まぁ調子の悪いこと悪いこと。エラー発生率が上がり、だいたい70%くらいの確率でエラーが出るようになった。しかも、いろんな場面で出てくれる。やっぱりフラップモーターが弱ってんじゃないかしら。

        フラップモーター疑惑の根拠その1。幌を開ける時、幌をたたんで収納して最後、収納蓋が閉まりきらないでエラーが頻発するようになった。

        右側。運転席から振り返ったところから見える収納部。すこーし浮いているのがわかるだろうか。
        左側。こっちはもっと浮いている。それにしてもピントが合っていなさすぎ…

         

        その疑惑の根拠その2。会社帰りにちょうどこの閉まりきらないエラーが出たので、ディーラーに寄ったところ、この収納蓋が上がれずに幌の開かないエラーが出た。その症状を見た営業さんがフラップを手で補助したら、なんと動作が継続したのだ。君は介助が必要だったのか!どんだけかまってちゃんなのっ!

        介添で改善するということは、タイミングが合っていない、などではなく、力が不足している、ということの証左ではないだろうか。

        とりあえずフラップモーターを交換して様子を見るか?いやぁ、やっぱりちゃんと診断してもらうか。ちゃんと診てもらいたいのだが時期が悪い。今はどこもタイヤ交換を含め年末進行でとても混んでいる。待てるのか、私。悩める。

         

        それよりも、もうリモコンが効かないことに我慢がならなくなってきている。きっちり止まってサイドブレーキを引いていないと幌の動作ができないってマジ無理。運転席にちゃんと乗り込んでから幌を開けるのもストレスだが、それよりも走りながら閉められないのがホントじれったい。これまで目的地近くになってら走りながら閉めていたのだが、今は目的地で停車してからおもむろに閉め始めることになる。たかが30秒、されど30秒。スイッチを押しっぱなしにしなければならないので、他に何もできない。シートベルトを外すくらいしかできない。ムッキー、時間のムダムダムダぁぁぁーーー!

         

        今回の幌エラーで痛感したこと、私ってば思っていたよりずっと せっかちさん でした…

         

        とりあえず今のエラーがSmartTOPのせいではないことがわかったので、もう一度付け直してしまうか、本気で検討中。それで症状が悪化することって考えられるかしら?

         

        JUGEMテーマ:ALFA ROMEO

        2018.12.02 Sunday

        11月の走行距離

        0

          さて、もう11月も終わっちゃいました。この1ヶ月はどうだったか。

           

          MiTo 

          走行距離11月 349 km (od 36932km as of end of Nov)

          走行距離10月 244 km (od 36583km as of end of Oct)

          走行距離9月 817 km (od 36339km as of end of Sep)

          走行距離8月 472 km (od 35522km as of end of Aug)

          走行距離7月 490 km (od 35050km as of end of July)

          走行距離6月 425 km (od 34560km as of end of June)

           

          Spider

          走行距離11月   561 km (od 64179km as of end of Nov)

          走行距離10月 1,474 km (od 63618km as of end of Oct)

          走行距離9月   774 km (od 62144km as of end of Sep)

          走行距離8月 1,185 km (od 61370km as of end of Aug)

          走行距離7月 809 km (od 60185km as of 21st July)

          走行距離6月 450 km (od 59376km as of end of June)

           

          いやぁ、走ってないなぁ。

          合計で910km。先月の半分やん!遠出したか?全然してないなぁ。一番遠くて横浜、そしてエンジンチェックエラーがついたし。あとは埼玉イタフラ in 大宮。そのくらいか。最終週は海外出張だったし。その割には距離が行った方かもしれない。

          12月はもっと乗れるかなぁ。まだオープンで走ってもキツくはないのだが、世の中忙しなくて混んでると思うと、どうも出かけるのが億劫になってしまう。でも1月にはRivaleが来るだろうし、MiToに乗れるのも今のうちなんだよなぁ。

           

          JUGEMテーマ:ALFA ROMEO

           

           

          2018.11.27 Tuesday

          ドSナビの仕業 多磨編

          0

            先日娘が東京外語大の学園祭に友達と行くというので、多磨駅まで送らされた時のこと。

             

            クルマでいったことはなかったが、事前にgoogle mapでみたら近くには調布飛行場や味の素スタジアムなどがある、ちょっとおもしろい施設の集まったあたりだったので、ドライブがてらとSpiderを出した。

            ナビに従っていたら、青い矢印の線の道を案内された。ここはまぁ、普通のコンパクトカー同士なら20km/hくらいですれ違える程度の道幅。電柱が飛び出しているので、Cayenneみたいなのが来たら停まってやり過ごすかなっていうくらい。しかし、狭いは狭いので嫌になっていたが、そんなのはまだまだ序盤だったとはこの時まだ知らない。

            青矢印の先を右折したら、後悔。駅前はこんなかんじだった。

             

            はい、もちろん普通にはすれ違えません。停まってギリギリ寄せれば何とかなる車両もあるだろう、という程度。恐ろしいことに一方通行ではない。後ろからクルマが来ていたので娘を急きたてて降ろし、再出発。走りながらナビを自宅に設定すると、すぐに右に曲がるように指示された。しかし、後ろのクルマが迫っていてゆっくり見れなかったのだが、ちらっと見た限り今走っているよりもさらに細い道だったし、そのあと住宅の中を縫うように通らされそうだったので、曲がらずに直進することにした。すると次に指示されたのが上の地図の赤矢印の道。けっこう直進で南下することになる。ナビでゆっくり見ているような余裕はなかったが、示されている黄色い道は国道20号、調布インターを使うときにいつも通っているところなので、問題ないと思ってそちらへ行った。

            が、しかし。大きな誤算であった。ナビが示していたのは突き当り国道20号ではなかったのだ。

             

            赤い矢印を通って20号の手前を曲がることを指示していたのだった。こうしてgoogle mapでみればわかるが、通っているときにはわからない。この右折の時、Spiderは一発で曲がれなかった。一発で曲がれなかった時点でやめておけばよかったのに、「ナビが言うから」と曲がってしまったのだ。

             

             

            曲がった先はこんな道。みてよ、この自転車と道幅の比率。ないでしょ。ここを車幅183cmのSpiderで通れとか、バカじゃない?しかもこの写真のように、前から自転車が来たのだ。Jesus! チャリのおばちゃんはこの電信柱の前あたりで、畝に乗り上げるようにしてよけて停まってくれた。ありがとう。こんな道、クルマで通るなよ、って思うよね。私も思うよ…

            そしてこれではまだ終わらなかったのだ。

            ナビはさらにここを直進して「白糸台交番東」に出ろ、という。地図で示すとここ。

             

             

            写真は地図のクルマ印のところからみた形になる。

             

            google carはここを直進せずに右折している。そう、普通に通れるような幅ではないのだ!しかし、曲がってどうなるかもわからなかったので、直進しましたよ、ええ。ナビ様に従いましたわ。先にgoogle mapを見ていれば絶対に通らないでしょう。こんなに細く示されてる道なんてないわー。写真の道の左に見える階段がまた出っ張っていて、そのぶん右も切れているのだけど、もう、ね。「せっかくこの間ホイールを新しくしたのに」って思いましたわ。電柱のわきを抜けるときにはミラー畳んだわ。MiToよりもなぜかSpiderのほうが車幅感覚がわかるのだが、体感的には「アウト」としか思えない。

            もう泣きそうになりながらこの道を通って、50mほどで極狭道路からすこしだけ広がって自転車が止まってくれれば通れるかもくらいの幅になったころ、ようやく20号にでた。しかし、これでもまだ終わりじゃなかったんですわ。

             

             

            この「白糸台交番東」の交差点を「右折」しろとナビは言う。私が出てきたのは写真右側の道。わかるだろうか、画面右中央あたりに黄色い線の入ったポールが立っていて、20号に直交する道に出ることができないようになっている。しかし、20号は2車線道路で、この写真でいうところの左車線進行方向に進むクルマが右折できないように、オレンジのポールが立っている。なので、私もポールをなぎ倒さないと右折できない(倒した人がいるようですが)。仕方がないので、左折するしかないのだが、ご覧の通り、黄色いポールの手前でヘアピンに曲がるっちゅうことですわ。なんでこんなところに電柱も立てんねん!

             

             

            でもここまですごく狭い道を通らされた私にとって、このヘアピンは楽勝だった。この黄色いポールの向こうにじいさんがいて、私の曲がる一部始終を見ていたのだが、うまく一発で出れたのをみて「ほぉぉぉ」と感嘆の声を上げてくれた。ありがとう。

             

            このあと、さらにナビに翻弄され、ずいぶん遠回りをして帰ることになったが、まぁもうだいたいの位置はわかったし、大過なく帰ることができた。いやしかし、なんだってこんな道を案内するかなぁ。泣くよ、まじで。

             

            帰宅後、じっくりとSpiderを観察したが、傷は見当たらなかった。ホントに良かった。

            まったく、ドSナビ、どうしてくれようか。

            JUGEMテーマ:ALFA ROMEO

            2018.11.25 Sunday

            Spider 幌エラー その後5

            0

              前回ご報告した通り、閉まる時にもエラーが出たので、いよいよ原因追求をする気になった。(しかしこのシリーズの題名はまだ変えていない。適切なのが思い浮かばないのだ。)

              まずはすの状態にするために、私にとっての神パーツ SmartTOPを外してもらった。

               

              これがそのSmartTOPだ!

               

               

               

              これでエラーが出なくなれば、このSmartTOPを封印しなければならないのだが、まぁ致し方がない。もし、これでまだエラーが出るようであれば幌本体の問題だと思われる。付けてもらったのがいつものディーラーさんだったので、今回外すのもディーラーさんにお願いした。これの着脱はかなり簡単らしいのだが、これを付けた時も今回外した時も、営業さんと雑談していて一体どこにつけるのか未だに知らない…

               

              ついでに洗車もしてくれたのにお駄賃請求なし。休日の忙しいところお願いしたのにすまんねぇ。帰るときにはまだ幌がしっとりしていたので、珍しくクローズのまま走り始めた。

               

              いつもの通勤路を休日に走ると勝手が違っていてちょっとイラつく。走り出して10分ほどで、気を落ち着けるために信号待ちの間に幌を開けてみた。SmartTOPを外しているので、サイドブレーキをあげないと開けられない。そしてスイッチ押しっぱなし。やっぱり面倒。ウィーン… いつものところで止まった… ダメやんけ!そうだ、閉まらなくなったらヤバイんだった!慌てて閉める。無事閉まる。ほっ。

              少しして信号が変わったので、走り始める。なんかのエラーが鳴った。ん?幌は閉まったのに?…あーーー、サイドブレーキ引きっぱなしだった!

              もう、ダメダメやん。がっくし。

               

              斯くなる上は、根本解決目指すしかない。やっぱりウワサのフラップモーターか?とりあえず部品を押さえておくか。カチカチ、ネット検索… 日本のサイト、軒並み在庫切れ。海外サイト、同じくout of stock… Nooooo!

               

              先日コイルを買ったショップ。Black Fridayで10%オフだと?! もう一回イグニッションコイルを買っておくか…

               

              ドイツのサイトでようやく見つけた。

               

               

               

              上のショップと比べると倍くらいの値段になっている。ここまで高くなっちゃうなら、ちゃんとディーラーさんに手配してもらってディーラーさんから買いたい。ただし1個5万円を超えないでほしい。超えるようならネット手配しちゃう。

               

              あとよく怪しまれるのはダンパーだが、これはSpider納車の際に替えてもらっているので問題ないはず。モーターでもダンパーでもなくて、センサーの感知問題でもないとすると幌本体?そうなると… ガクブル((((;゚Д゚)))))))

               

              とにかくちゃんと診断してもらおう。年末だっちゅうに落ち着かないことよのォ。

               

              JUGEMテーマ:ALFA ROMEO

              2018.11.23 Friday

              スープラで事故ったときのこと

              0

                29年前の今日、スープラを大破させた。私にとっての記念日なので、そのお話をば。

                 

                時は1989年11月22日木曜日。夕方18:30ごろ、すっかり暗くなってしまう一歩手前の逢魔が時。神奈川県愛甲郡愛川あたりの田舎道で街灯も少なく、道の反対車線側は雑木林、左側はポツポツと建物やら空き地などが点在していた。バス通りだったが、緩やかなカーブの続く下り坂で、交通量は多くなくいつも飛ばしている道だった。

                この日は運悪く坂の上の方でバスの後ろについてしまった。追い越しを狙って、シートベルトを外した。そう、スープラの座席は私には低く、シートベルトが首に当たっていて、少し乗り出そうとすると痛かったのだ。当時はまだシートベルト着用がうるさく言われ始めたばかりで、外すことにあまり抵抗はなかった。きっちり対向車を確認してするっと無事バスを追い越した。少し走ると今度は初心者マークをつけた他県ナンバーの小型車が走っている。もう追い越すには道幅も狭いしカーブが続くので危険。見ているとイライラするのだが煽っても仕方がないので、スピードを落として、車間を開けることにした。というのもこの道は坂の最後にいい感じのカーブが続くのだ。そこを存分に楽しまないとここを走る意味がない。

                 

                前の車が見えなくなって久しい。もう大丈夫だろう、とスピードを上げ始めた。下り坂なので簡単にスピードが上がる。何度も何度も通っている道なのでカーブの大きさは把握している。スープラが滑らかにクリアする。気持ちいい。もうすぐお楽しみのカーブだ。左カーブに差し掛かったとき、その先の右大カーブの真ん中でほとんど止まっているかのような先ほどのクルマのブレーキランプが見えた。やばい、まだいたのか!止まれないかも!そう思ってフルブレーキング。ハンドルを左に切った状態でブレーキを強く踏んでしまったので、お尻が右に流れた。とっさにハンドルを右に切ったが、車の方向は変わらず、タイヤがズレるようにしてそのままインに深く入ってしまった。

                 

                気付いた時には大カーブかかり始めの左の空き地に突っ込んでいた。あちゃー、と思ってクルマを降りてみると、スープラのロングノーズのど真ん中に木の電柱が刺さっていた。そう、空き地手前に立っていた木の電信柱に激突していたのだ。クルマはエンストしていて、ボンネットからは白い湯気が出ている。参ったな、お父さんに怒られちゃう、と髪を右手でかきあげたら髪がごっそり抜けた。え、ショックで髪が抜けた?と思ったら右目が見えなくなった。え、ショックで失明?慌てて目をこするとヌルッとしている。衝突した際にフロントガラスを額で割っており、そのザキザキにヒビの入ったところで髪が擦り切ってしまってしまい、さらに額を切ったらしい。それで額から出血し、その血がそのまま右目に入っているのだった。

                 

                額からダラダラと血を流していると、対向車線を通りかかった親切なお兄さんが声をかけてくれた。「大丈夫ですか…ヒィ!」 はい、驚いたでしょうね。すみません。ワンレンで白い服を血で染めた女がふらふらとしているんだもの。「警察を呼んでください」とお願いすると「救急車でしょ」と慌てて車で走り去っていった。当時はまだ携帯電話が普及していなかったのでおそらく公衆電話を探してくれたのだろう。


                ふらふらとクルマに戻るとフロントガラスに外側に向けて半球状のボウルができている。私の額で作ったので、内側には長い髪が束になって貼り付いている。車内に戻るのが怖くて、右前のタイヤがちょうど切ったままで出ていたのでそこに腰掛ける。俯いていると赤いプリーツスカートの裾から赤い血がポタポタと落ちていく。足元の砂利に血だまりができる。どのくらい出血しても大丈夫なのだろうか?

                 

                救急隊員に肩を叩かれた。ショックすぎて救急車の音も聞こえていなかった。脇を抱えられ救急車に乗り込むと、ベッドに横になるように言われたが、なんだか寝てしまうのも怖くて座っていさせてもらった。

                救急隊員が病院に連絡している。「患者は18歳女性、額に擦傷、動脈を切っており出血多量。顔面蒼白。」へ、そうだったの?「右膝と顎に強打跡。」は、そうなの? どうやらクルマがぶつかった時、ハンドルに顎があたり、それで髪の生え際、額の一番硬いところ(ヘディングするところ)がフロントガラスに当たったのが良かったらしい。ハンドルへの一撃がなければ、鼻の上あたりから突っ込む形になり、おでこの傷はもちろん首への衝撃もかなり強くなるとのことだ。そしてシートベルトを外していたので、体を急激に戻されることもなく、衝撃はほとんどフロントガラスが吸収してくれたらしい。ブレーキを踏んでいた右足も膝が少しクッションになってくれたのも幸いした。

                 

                病院で治療をしてもらっていると、警察官が賑やかにやってきた。「え、運転手、生きてるの?え、意識あるって?喋れるの?本当に?」ガチャっと診察室に入ってきて「あらまー、こりゃまた若いねーちゃんだこと」。この警察官は現場検証をして病院に来てくださったのだが、クルマの状態を見て、運転手はまず生きていないだろうと思ったらしい。逆ハン切っているにも関わらず、タイヤ跡が18m続いており、計算上は130kmほど出ていたという。「そんなに出すわけないじゃないですか。それじゃ曲がれませんよ」といったら「だから曲がれてないじゃん」と言われてしまった…

                 

                本来は入院しなければいけなかったのだが、今年と同じく翌日から祝日を含めた3連休で、病院ははっきりいって手薄でロクな治療ができないとのこと。私も帰りたかったので、そのまま帰っていいことになった。

                 

                その後、仕事場から急いで駆けつけてきた父が私にあって一言。「バカだなぁ、お前は。ぶつけるなよ。」頭ぽんぽん。それだけ。いやぁ、父、偉大すぎる!そしてスープラは暴走族の方々の餌食にならないよう、早々にレッカー移動され、クルマ屋さんに直せるなら直して欲しい、と父がお願いしてくれた。結局のところ、綺麗にど真ん中をぶつけたので、車体に歪みがないから直した方がいい、との判断が下された。エンジンはイっちゃってたので積み替え。修理費用は160万円ほどだったらしい。

                私はというと、翌日からパンパンに顔が浮腫んだが、それだけ。額は5針塗っていたのでその抜糸に出かけたが、本当に糸を抜いただけで何もなし。あ、そうそう、しばらくは傷口からガラスの小さな破片がポロポロと出てきていた。

                さらに、今回の事故は初心者4ヶ月目だったが自爆だから、とお咎めなし。点数減点も罰金もなし。

                 

                事故のおかげでクルマを運転するのが怖くてたまらなくなってしまったのだが、父は「今乗らなければ一生乗れなくなる」と言って、まだ顔の腫れている事故の数日後から無理やりスカイラインを運転させた。おかげで今でも運転できているわけだが、当時は無茶苦茶だ!と思ったっけ。そんなわけでカーブは今でも怖い。サーキットでフルブレーキングがうまくできなかったのもこのせいかもしれない。

                 

                ふと思い出したので書いてみました。あー、日付が変わっちゃった!

                 

                後ろに写っているスープラは修理後のもの。

                 

                JUGEMテーマ:車/バイ

                2018.11.21 Wednesday

                Spider 幌エラー その後4

                0

                  悲しいお知らせです。幌エラーに進展がありました。あぁ。

                   

                  出勤時、いつものように幌を開けようとしたら、いつも止まるポイントでエラー。あぁ、またか、と思ってオープンボタンを押し直し。しかし!開かない! ええーー!

                  一度閉めてやり直し。…開かない。えええーーー!

                  なんでヨォ。お願いだから開いてヨォ、と数度ボタンを押すが開かない。ええええーーーー!

                  いやいや、こんなところで引き下がれない。

                  もう一度閉めてやり直し。…閉まる途中で止まった… えええええええっ!

                  かなりのショック。今まで閉まる時にエラーが出たことはなかったのに。フラップが畳まれて、格納部の蓋を閉めるところで止まっている。ちょっと勘弁してヨォ!

                  祈りを込めてもう一度開けてみる。同じところで止まる。そして閉める。…閉まった!

                  幌が閉まるのがこんなに幸せだなんて!!

                   

                  今朝はいい天気だったのだが、怖くてもう開けられない。だってまた途中でエラーが出て、開きも閉まりもしなくなったら会社に行けないもん。流石に格納部の蓋が開いたまま走る勇気はない。そしてそれを放置したままMiToで出勤する勇気はもっとない。

                  せっかく閉まったのでMiToに乗り換えるか非常に悩んだが、うちに戻るのが面倒で(たった30mなのに)Spiderで出かけることにした。

                  晴れてるのにクローズドで出勤したのは初めてだ。

                   

                  そしてランチタイム。リモコンで幌を開けてみる。……… 開いた!

                  何事もなかったかのように普通に開いた。ウキウキしながら快晴の秋の空の下、オープンで洋麺屋五右衛門へ向かい、ここの駐車場で閉めてみた。閉まった!

                  そうか。また何事もなく動くようになってくれたか。よかったよかった。

                   

                  仕事に戻る時にはたった5分の距離なので閉めたまま移動。

                  仕事を終えて帰宅する際、またリモコンで開けてみた。 …いつものところクリア。よしよし。

                  そしてエンジンをかけて…、へっ?エラー?

                  いつものテンポラリーエラーの表示。クルマから降りてみてみるが、ちゃんと格納部の蓋もきちんと閉まっている。ちゃんと開いたよ?

                  あ、窓が少し降りたままだ!

                  まじかー!走るのに影響はないので、このまま帰ろう。また閉まらないドツボにハマったら会社からでれなくなってしまう。

                   

                  しかし、開閉動作が終了していないので、40km/hを超えると「幌が開いてるぜ」と教えてくれる。本来なら停車していても同じエラーが表示されるはずなのだが、私のSpiderはSmartTOPがインストールされているので、40km/hまでは見逃されるのだ。信号で止まるたびに「開けゴマ」スイッチを押すのだが、改善されず、テンポラリーエラーが出る。窓が閉めきらないのだから、と思い、開け閉めをしてみたがそれは問題なく動く。ただ一番上まで上がらない。

                  はぁぁぁぁぁ。

                   

                  自宅近くになって、走りながらもう一度「開」スイッチを押したら、窓が上がった!コンプリートした!

                  もう、何が起こっているのかちっともわからん。

                  駐車場に停めて幌を閉めたら、当然のように何事もなかったかのようにスムーズに閉まる。そういえばこの間、こんなにスムーズに動いている939の幌、みたことがないって言われたなぁ… スムーズなのはいいことなんだけどねぇ…

                   

                  閉まらないエラーが出ちゃったらダメだ。今度の休みにSmartTOPを外してもらおう。それでも再発するようなら、幌の点検に出すことにしよう。

                   

                  はぁぁ、次からこのシリーズの題名、変えなきゃ。

                   

                  JUGEMテーマ:ALFA ROMEO

                   

                  2018.11.20 Tuesday

                  ワイパー

                  0

                    昨日Spiderのワイパーを交換したことは先のエントリーに記した。

                    そして今日、天気予報が外れて夕方雨が降った。おかげでワイパーを試すことができた。その効果は、

                    素晴らしい!Exellent!

                    こんなにすっぱりとキレイにワイプしてくれるなら、もっと早く替えればよかった!

                     

                    実はMiToも2ヶ月ほど前に交換した(acatsuki-studioさんからいただいたもの、その節はありがとうございます!)のだが、この時もあまりにキレイになるので感動した!MiToのワイパーは半年くらいでダメになると聞いていたのだが、11ヶ月まで引っ張って使っていた。替えたら本当に気持ちよく視界が開ける。素晴らしい、いやぁ、ワイパーなんてさっさと替えるべきだわ。とその時思ったはずなのに、なぜにSpiderのワイパーを替えなかったのか。

                    それはSpiderのワイパーがアホだからです。

                     

                    MiToにもSpiderにもオートワイパー機能が付いている。どちらも感度は3段階。しかし、かしこさがまったく違う。

                    MiToは私の心が読めるかのように、「そろそろ拭いてほしいな」と思うとワイパーが動く。ワイパーのスイッチはレバーをひねってONにする形なので、ONにしているワイパーの間隔にかかわらず、レバーをあげればone time onlyで動いてくれる。つまりいつでも簡単に追加ワイプができる。そしてほとんど追加ワイパーなんて使う必要がなくらいclever!

                    対してSpiderのオートワイパーは、なぜそのタイミングなの?と疑問符がいっぱい浮かんでしまうような動きをする。全面がすっかり雨で覆われても動かないのだが、は?と思っていると突然狂ったように動き始めたり、また突然なぜか動かなくなったり。一定間隔でのワイプもなんだか速度が私の感性に合わない。しかもワイパーの起動はウィンカーのようにレバーを倒すタイプなので、一回だけワイパーを動かしたい時にはStop位置を通り過ぎなければいけない。なんて不便なんだ!なので、Spiderで雨が降った時は、ワイパーはほぼ手動。つまり毎回レバーをチョンとあげて、自分の好みの時に動かすようにしている。もちろん面倒。

                     

                    そんなわけで雨の日にはSpiderに乗らない。屋根も開けられないし、リアウィンドウが小さいので後方視界が狭いし、そして何よりワイパーがアホだし。何にもいいことがない。しかし、天気予報や私の見立てが外れて、Spiderで出勤したら帰りに雨だった、ということはままある。そんな時くらいしか雨の日にSpiderに乗ることはない。だいたい月に1度くらいのペース。なので、ワイパーのキレが悪くてもそれ以外のことの影響が大きすぎて気になっていなかったのだ。でもふと思い立って替えてみたら、そんな嫌いなワイパーでもきっちり拭き取ってくれると感激した。替えてよかった!

                     

                    結論、ワイパーはこまめに替えるべし。

                     

                    あ、これ書いてて思い出した。500cのワイパーもアホだった。あれは間隔の問題ではなく、圧力の問題。ものすごくビビって、しかも右を走るスクーターを攻撃するかのような激しさで雨をワイプするのだ。あれも結構なストレスだった。まさか695cも…

                     

                    JUGEMテーマ:ALFA ROMEO

                    2018.11.18 Sunday

                    Spider エンジンチェックランプ対策 その3

                    0

                      先日ポチしたパーツがイギリスから届いた。火曜日にポチして金曜日に届くってすごくない?ディーラーで発注するより速いんじゃないか、というレベル。

                       

                       

                      はい、おニュー君。見た目にはホントわかりません(爆)

                      箱を持った時にかちゃかちゃいってたので、中でバラバラになったかとひやっとしたのだが、音の原因はネジだった。よかった。

                       

                       

                      はい、3つ届いたよ。

                      結局のところあれからまったくエラーは出ていないのだが、予防を兼ねて、前3発いっぺんに替えちゃうことに。

                      ついでに一緒に買ったのがエアコンフィルターとワイパー。

                      開けて写真を撮ろうと思ったのだが、なんだかきっちり閉まっていたので、開けるのやめちゃった。なので箱の写真。中には入っているが、わからないよね〜。
                      ちゃんとRHD用がくるかちょっと心配だったのだが、さすがイギリス、無問題。

                       

                      この3種5点の内訳はこちら。本日レートで約36,800円。

                       

                      まとめてディーラーに持ち込んで作業をしてもらった。点検、工賃諸々で18,900円。〆て55,700円。フィルターとワイパー分を除けばイグニッションコイル1本分と同じくらいの費用で3本替えられたことになる。

                       

                      さて、これでエラーが再発しなければいいが、またランプがついちゃったら犯人探し再開となる。どうかなぁ。

                      続編がないことを祈る。

                       

                      JUGEMテーマ:ALFA ROMEO

                       

                       

                       

                      Calendar
                            1
                      2345678
                      9101112131415
                      16171819202122
                      23242526272829
                      3031     
                      << December 2018 >>
                      Selected Entries
                      Categories
                      Archives
                      Recent Comment
                      Profile
                      Search this site.
                      Others
                      Mobile
                      qrcode
                      Powered by
                      30days Album
                      無料ブログ作成サービス JUGEM