ビートルにバッテリーセンスつけました

  • 2020.02.27 Thursday
  • 18:39

先日Beetleのエンジンのかかりが悪いというエントリーにalfa_manbowさんがコメント欄で紹介してくださったCTEK、さっそく物色してみた。

CTEK HPより

 

おっしゃっていたのはバッテリー充電器かな?この商品はyou tubeでも紹介されていた。なるほど良さそうなのだが、常時電源を取らなきゃいけないのはちょっと難しい。うちの車庫に電源はあるのだが、ビートルのあの気密性の高さからするとたぶん断線してしまう。それに車庫で電線引っ張ってたら、たぶん母が嫌がる。なのでこれは予選落ち。

では「サブバッテリー走行充電器」というのはどうだろう。

 

 

 

 

HPを読んでもぜんぜんわからない。たぶん「サブバッテリー」という名前の通り、走行中にこっちにも電気をためておいてくれて、バッテリーが弱ったときにこっちの電力を使えるようにしてくれるんだとおもう。が、どんなふうにつながるのかよくわからない。だめだ、理解できないのでこちらも採用なし。

 

で、残りのバッテリーチェッカー。これだともともとのバッテリーを充電してくれるシステムはついていないものの電力が低下したら教えてくれるので、放電しきってしまってエンジンがかからない、という危機は避けられそうだ。ん、これにしよう。ぽち。10,200円也。

 

優秀なアマゾンさん、すぐに届けてくださいます。きれいなしっかりした箱に入ってやってきた。

 

 

 

中身はこんな感じ。これに取り付けのためのタイラップと両面テープがついていた。このコード部分をバッテリーのそれぞれの極につなげると、BluetoothでiPhoneにそのときのバッテリー残量を逐次教えてくれるのだ。もちろん一度付けたらそのままでOK。これは簡単に取り付けられて便利そうだぞ。では取り付けよう。

 

 

 

 

バッテリーがBeetleの座席下にあるのはわかったが、そもそも座席をどうやってあげるのだ?それにバッテリー触るのってちょっと怖いのよね。

いつものディーラーさんに相談。一緒に見てくれるって。安心!

 

というわけで行ってきました。

これこれこういうもので、こうやってつけるんだって。なるほど。じゃ、なかでコーヒーでも飲んでてください。あら、悪いわね。お願いね。

というおばちゃん的会話の後、全面的にお願いすることに。

 

やっぱり簡単だったらしく、ものの10分で取付完了。iPhoneにアプリをDLしてみると、ちゃんとつながる!

 

 

え?小一時間走ってここまで来たのに38%なわけ?ずいぶん抜けてたのねぇ。

帰りは主に2速3速で高回転を心がけて帰宅。スマホホルダーにiPhoneを置いてこのアプリを起動させておくと、ちゃんとチャージされていく様子が見えるのもうれしい。bluetoothなので遮蔽物なしでだいたい10mくらいつながるとのことだが、うちの車庫に停まっていれば2階の私の仕事部屋からもつながることがわかった。

これ、いい買い物だわ!これ、つけるとバッテリー突然死が防げるし、週末ドライバーでもバッテリー上がりを気にしなくてよくなるので、TPSと同じように予防的にとてもいいと思います!(私の場合なぜかTPSがつながらなかったけどさ。ぶつぶつ)

 

JUGEMテーマ:車/バイク

3連休の小ネタ

  • 2020.02.24 Monday
  • 16:57

この週末3連休は近場ばかりだけど毎日クルマに乗れて嬉しかった。小さなエピソードがいくつかあったのでまとめてご紹介。どれもエントリー1本にするほどのことではなく(いつも大したことを書いているわけじゃないけど)、また今回は(も)ほとんど写真を撮っていなくて独立記事にするのが難しい、ともいえる(爆)。

 

洗車

土曜日、暖かだったのでBreraを洗車することに。前週に4人乗車したせいか、車内も汚れが目立ったのでスタンドにお願いすることにした。風が強かったので自分で洗うと傷がつきそうだったし、高圧洗浄で吹き飛ばしてくれるスタンドにお願いして正解だったかも。

日曜日、出かけようとしたらBreraがすごい汚れてる!夕方から小雨が降ったらしく、花粉(と黄砂?)で全身黄色いスポットだらけ!せっかくきれいにしたのにもう!

用事があって出かけ、そのまま宮ケ瀬にドライブに行こうかと思ったのだがクルマが汚れているから行く気にならずやめた。予定していた通りディーラーに寄ったところ、なんとBreraを洗車してくれた!ありがとう!

そんなわけでBreraはぴかぴかになった。よかった!

 

車検の相談

ディーラーに行ったのはBreraの車検の相談のためだった。満了日は3月29日。124がくるならそれに合わせて、と思っていたのだが、予定がわからないので先に済ませてしまうことにした。ぎりぎりまで待ってもいいのだけど、実は担当さんが3月半ばで他店舗に異動になってしまうので、それまでにお願いしないと送迎してもらいにくいからというのが最大の理由(笑)。

その日程の打ち合わせをするために久しぶり(といっても3週間ぶりくらい)にディーラーにBreraで来訪したら、わらわらとお店のいろんな方が来てくれた。「屋根が閉まらなくなっちゃったんですか?(笑)」とか「エンジンチェックランプ点灯しました?」とか。屋根は閉まらないんじゃなくて開かないのよっ!開く車をはやく準備しなさいって!!でもみなさんに話しかけられてやっぱりうれしい。実はBrera、相変わらずエンジンをかけるとバタバタと音がするのだが、この日は(も)ディーラーにいくからか音がしない。どうあってもあの不具合はディーラーでは再現させないつもりらしいBrera。

そういえば日程は確認したけど、車検に伴う料金の目安を聞かなかったな。そんなに手を入れなきゃいけないところはないと思っているのだけど、大丈夫かしら。

 

124

まだ納期未定(笑)。FBでぼちぼち納車が始まっていると聞いたので、その件を振ってみるとどうやら一部店舗で第一次締切(確か3次まであったはず)での注文分の納車が確かに連絡が始まっているらしい。私のは第2次で注文を入れたはず。となると3月納車も夢じゃないかも?なんといっても広島からの陸送だから、来るとわかれば3日もあればディーラーに到着するらしい。それからドラレコだのレコモンなどをつけて、だから、あっという間に納車になりそう(今回はコーティングはThreeHundredのデカールつけてからにする予定なので、その分納期が短縮できるのだ!)

ホントに3月に来てくれるといいな。124が来ると来ないとでは3月の予定が大きく変わるのだ。せめて桜吹雪に間に合うといいな。

 

4C

ディーラーでは中古車が停まっている駐車場に白い4Cが見えた。おお、やっぱり4Cいいなぁ、と担当さんに言ったら、「さっき売れちゃったんですよ」と。でも私が4Cを持つなら、白くなくて屋根が開くのがいい!というと、「探しておきます」といわれてしまった。いやぁ、危険危険!しかしこの4C、結構距離を走っているせいもあって(4Cにしては)かなりお手頃な値段がついていた。今度の124の乗り出しよりも安いじゃないか、と思うと複雑な気分…

車検の打ち合わせも済んで帰ろうとしたとき、隣にキレイなブルーのアバルト595が停まっていた。きれいだなぁ、これはMYSだなぁ、なんて思って洗車をしている営業さんに聞いてみたら、やっぱり去年の座談会で一緒だったYちゃんの愛車だった!Yちゃんとは割とディーラーで遭遇する。ご挨拶をと思って店内に戻ると、Yちゃんはダンナサマ(私のみん友でもある)と一緒にいらしていた。どうやらこの4Cを見に来たらしい。残念ながら今回のご縁はなかったようだが、あの4Cはいいねー、でも普段乗りにはきついよねー、そんなこと持ってみないとわからないよねー、ポルシェもいいよねー、147GTAもいいよねー、とだらだらおしゃべりに付き合わせてしまった。スミマセン。でもありがとう、楽しかった!

 

Breraのプチドレスアップ

先日Spiderとフロントグリル周りを交換した際、ナンバープレートボルトカバー(盗難防止兼用)を外さざるを得なかった。これは薄いアルミでできているので、外すと再利用できない。しかも現行の黒いタイプではなく以前のエッチングタイプなので手に入らないのだ。フロントだけ外したので後ろはちゃんとカバーがついている。なのでなおのことフロントについていないと(たぶん誰も気づかないけど私が)気になるのだ。幸いにもストックを持っているので、裏面テープを外してつけるだけなのである。洗車するたびつけなきゃ、と思うのにキレイになるとそれに満足してつけるのを忘れる、ということを実に2か月以上繰り返していた。さすがに2日連続で洗車し(てもらっ)たので思い出せた。ついにこの週末でようやくつけられた!満足。

 

ビートルのバッテリー

そうだ、ビートルも動かさなきゃ、と2週間ぶりに動かすことにした。イグニッションキーをひねると、ぷすんぷすん、ぷ、、、、ぶろ、ぶろろろん!いやぁ、ビビった!最初のぷすんぷすんはホントにかからない雰囲気だったんだもの。ヤバいヤバい!もうちょっとまめにエンジンかけなきゃ。でもビートルはうるさいので、エンジンをかけたら車庫から出さないと近所迷惑な気がするのよね。となるとある程度時間が取れる時しか動かせないし、短距離だと充電されないだろうし。と言いつつ、2週間前も今回も5キロくらいしか動かしてない。んー、かえってクルマによくないのかもしれない。悩ましす。

もしバッテリーが上がっちゃったらBreraに積んでるジャンプスターターを使えばいいんだろうけど、果たしてビートルのバッテリーはどこにあるのだ?後部席の下だったかしら?いざとなったら自宅前の坂道で押しがけ出来るといいな。それには距離が足りないかしら。どうしようもなくなったらJAF様にお願いしよう!(情けない!)

 

アルファロメオ 110周年記念イベントだって

  • 2020.02.21 Friday
  • 20:39

会社からの帰り道、twitterをみていたらこんなお知らせが。

 

 

おやおや!今年はARDに行けそうにないので、こっちに行ってみようかな。

浜名湖ってうちから遠いのか? googleマップでチェック。

 

 

おやおや!なかなかに立派な距離じゃないか!でも300kmないんだし、いけるな。

このルート、みてるとわくわくしてくる。いつも通らないルートをいくので新鮮だろうし、どっか寄り道したくなる。せっかくだから伊豆半島もぐるっと舐めていくっていうのはダメかしら。

 

 

あはは、やっぱそうよねー。半分下道、みたいになるものねー。

 

 

伊豆半島をぐるりんして帰ってくるだけで9時間半もかかるって。全部で442kmしかないのに。でもこれもいいなぁ。今度企画しよっと。

 

というか、話は元に戻して、どなたか6月に浜名湖いきます?たいていのFCAのイベントはプログラムもないも同然ので(失礼)、駄弁りオフ会みたいなものになると思うんです。お会いできたらうれしいなぁ。

 

 

FIATのバレンタインのお菓子

  • 2020.02.18 Tuesday
  • 23:50

今年のFIATのバレンタインお菓子はこんなきれいな袋に入っていた。

 

なんだか茶封筒みたいに写っちゃったけど、金色なのよ。

 


 

そして封筒の裏には愛の言葉が。

 

 

んー、なぜか横向きにしか写真が貼れない…

 

私の124のイメージカラーである赤と金、ばっちりやないか!

2月に入ってとてもディーラーさんに顔を出すような余裕がなく、今年はどんなんだったんだろうなぁ、と思っていたら、Dの担当さんがおうちまで届けてくれた。開けてみるとイタリア老舗のD.BARBEROのトロンチーニではないか!おしゃれだわ、すてき。

美味しくいただきます。

Breraでドライブ 雨の宮ケ瀬湖

  • 2020.02.16 Sunday
  • 22:20

久しぶりに友達をうちに招いて宴会をした。昼間コストコに買い出しに行って、夜7時ごろから生ビールを飲みはじめ、子ども達も一緒におしゃべりをしていたらあっというまに日付が変わり、そこからは女二人で語り合う。気づいたら3時半になっていた。ダンナも出張でいなかったのでなおのこと気兼ねなく過ごしていたら、8時間もしゃべり続け、飲み続けたとは。家飲みならでは。

翌朝、9時半ごろようやく起きだして、シャワーを浴びる。あんなに長い時間飲んだのに、あんまり量を飲まなかったのかお酒は残っていない。よかった。

 

朝から雨が降っていたが、せっかく始まった一日を有効に使いたい。というわけでドライブへゴー。友人とその娘、私とうちの娘の女4人がBreraに乗った。さすがにフル乗車は重いっ!

 

国立府中から中央道に乗り、八王子JCTで圏央道に、そして相模原ICで降りる。通いなれてきた道だが、重いせいでいつもと挙動が違う上にタイヤもスタッドレスで雨天、普段ほとんど家族以外の人を乗せないので自然と安全運転になる。いいことだ。

1時間ちょっとで到着した宮ケ瀬湖はなんとも渋い雰囲気を醸し出していてくれた。

 

 

緑のモノトーンのような、ちょっと幻想的な風景。素敵だ。目的地はカフェオギッソ。このブログではすでに4度目の登場かな?

店内に入ると、ほぼ満員。今回は4名での来店だったので、事前に予約していった。正解。

 

 

 

前夜からの暴飲暴食を反省して軽く、と思ったのに、やっぱりそうはいかない。だって美味しいのよ!

 

 

そして、ああ、やっぱりスイーツアラカルトを頼んでしまうのよ。

 

 

 

無反省な満腹を抱えて宮ケ瀬湖を周遊。雨はほぼ上がってくれたので、視界も悪くならず助かった。友達も子ども達も満足してくれたようでよかった!

今回は友達の自宅までお迎えに上がってからコストコに行ったのだが、あいかわらずイケズなカーナビに激狭な道を通らされ、案内がわからず道を間違え迷い、意味の分からない遠回りをさせられ、挙句には車幅1.7m制限道路を案内されるなど、なかなか苦行を強いられたのだが、平日にクルマに乗れない反動からもあり、1週間ぶりのBreraに週末二日間で180kmほど乗れたのがとてもうれしい。

来週末はぴかぴかに磨き上げてあげたい!

迷う、124のサイドストライプ

  • 2020.02.03 Monday
  • 22:51

まだ見ぬ我が君…ならぬ124。あいかわらず来る前からいろいろ妄想が膨らんでいます。

今回納車にあたっての一大プロジェクト、サイドストライプ施工。

さんざんさんざんさんざん迷いに迷って、THREEHUNDREDさん(以下TH)にお願いするつもりになっている。

 

通常THで販売されているストライプは下記のもの。

THREEHUNDRED THE STOREより拝借
同じくTH STOREより

ABARTH124のボディをよりグラマラスに見せてくれるこのライン、サイドミラーの手前で二つの線が入れ替わってリアに流れていくこの伸びやかな感じが結構好き。

 

先日THさんがUSのSEMASHOWに持ち込まれたデモカー306に施されたストライプはこれとは違うタイプ。よりアグレッシブなラインになっている、ように見える。THのブログなどで登場するので目を皿のようにして見るわけだが、ディテイルがなかなかわからない。こっちの方がかっこいいように見えるんだけど、よくわからないままに施工してもらうのもなぁ、と思っていた矢先、ミスタータイヤマン三鷹さんでこのデモカー306が展示されることになった!こちらのお店、うちからほんの30分足らずの距離。これは見に行かにゃいかん。

 

デモカーが持ち込まれた日の午後、お邪魔してみた。おお、ドーンとお店の前に置かれている!偶然知り合いが来店していたのだが、彼女はすぐに退店してしまったので、まじまじと306を拝見。

 

この車両はヘリテージルックをラインと同じシルバーで施してあるし、
オバフェン、サイドスカート、ローダウン等々いっぱい弄られているので、
かなりイメージが変わっているのだけども。
このストライプはドアハンドルの下をラインが通っていて、フロントからずっと続いている。
オーバーフェンダーがなければ、ストライプの始まりはタイヤハウス直後からになるのかな。
下のラインは斜めにラインが入っている。
実はこの306、元は下に見える通り黒い車体なのだ。黄色はラッピング。

 

悩める〜!でもやっぱりドアハンドル下からぐいっと上がるこっちのラインの方がよりボディラインが強調されるし、下のラインの斜め線もあったほうがいい気がする。しかし、スカートを履かせるつもりはないからなぁ。そうなると浮いちゃうんだろうか。あぁ、悩ましい。どうしましょ。

 

306の周りをぐるぐるしていたら、知人のクルマ対応が一段落したらしい店長さんが出てきてくださった。あれやこれやとお話をしてくださり、ますます妄想が広がった。ありがとうございます!

 

が、すべては私の124の納車日が決まらないとこれ以上は進められないのだよ!早く来てくれぃ!

 

 

 

2020年1月の走行距離

  • 2020.02.01 Saturday
  • 17:54

Brera

走行距離  1月    682 km (odo 50,562km)

 

Beetle

走行距離  1月      52 km (odo 14,970km)

 

Total

走行距離  1月   734 km 

 

月間走行距離がこれまで記録した中で一番少ない!お正月休みはほとんど走ってないし、自動車通勤の日も普段より少なかった。ドライブも笛吹に行っただけ。ビートルの52kmってのは笑える!1月は2回しか乗ってない。エンジンのためにももう少し動かした方がいいかも。でも寒いんだよなぁ。

 

2月からは通勤分がなくなるので、ベース走行距離がかなり変わるはず。クルマ的にはいいのかしら?

それにしても、ここに124が加わるのはいつ?

ガレージ タイプワンさんに訪問

  • 2020.01.30 Thursday
  • 19:22

空冷ビートルに乗っている東京近郊の方ならきっとご存知の、空冷ワーゲン専門店ガレージタイプワンさんへ行ってきた。

 

お伺いさせていただいた理由は3つ。

ひとつめ、今勤めてる会社からすごく近いから。直線距離なら1kmくらい、クルマで5分の近さ。こりゃ今のうちに行かなきゃ。

ふたつめ、今じゃないと行けない(行かない)と思ったから。空冷ビートル乗ってなくて、空冷ビートル欲しくなかったら、行かないですよねぇ。

みっつめ、空冷ビートルの情報収拾のため。いくらアルファロメオやアバルトほど愛せないと言っても、うちのビートルのこと(これでも)気に入っているのだ。ちょっと手を入れられるなら、それもやってみたいな、と思って。

 

 

よく晴れた日に伺ったので、暖かくてよかった。寒い日にはビートル動かしたくないんだもの。暖かい日とはいえ冬なのでヒーターフル稼働、でもそれだと暑いので三角窓を開ける、という贅沢なような、機能を十分に使い切っているような。

 

さて、ガレージタイプワンさん、会社から5分とはいえ、普段使っていない道を行くので勝手がわからない。最初にナビが曲がれと言った道はどこだったのかわからぬほど狭い道だった。少しだけ大回りして「まもなく目的地周辺です」とナビに見捨てられた時、まだどこがタイプワンさんなのかわからなかった。が、すぐにわかった。だってこれだもの。

 

こんなふうにみーんなこっちを向いてるの!すごい、圧巻!そして画面右に切れてしまっているローダーに乗ったままの一台、こいつがすごい。何がすごいって全身錆びてるの!何用なのか不明。

 

うちのビートルをどこに停めていいか迷っていたら、オーナーの斉藤さんが出てきてくださった。

事前にメールで少しだけやり取りさせていただいていたのだが、直接お話をすると本当に穏やかで優しい方。

Type 1の世界を色々とお話してくださった。

 

お話しながらキョロキョロ周りを見てしまう。だってみんなワーゲンなんだもの。

「何か気になる子はいますか?」と言われ、一番に指差したのがこの子。

 

 

ピカピカのワーゲンバス、すごい〜!ぜーったい所有しない(と思う)けど、どうせならこんなのも持ってみたいよね〜。

 

 

それからこの子。バンパーもいいし、この丸めも可愛い。

可愛いですねー、と言っても、知識の押し売りを全然されない。初対面でも伺ったことはとても丁寧に教えていただけるが、聞いてないことまでペラペラお話されるタイプではなく非常に好印象。

 

うちのビートルが意外にヒーターが効くんですよ、という話をしたら、メキビーなのに珍しいですね、と言われ、いろいろ話しているうちに、どうやら私が三角窓を開けるので、空気の循環が良くなってそれでなおのこと効きが良くなっているということが判明。そうだったのか!

シフトノブが遠いのも、もちろんノブを付け替えれば改善されることがわかったし、やっぱりうちの子がとてもキレイだということもよくわかった。

 

短い時間だったが、なんだかほっこりいい気持ちにさせていただける素敵な訪問だった。反面、やっぱりType1はこれを愛せる方々に可愛がってもらうべき車両だと再認識。

 

お忙しいところ、ありがとうございました!

JUGEMテーマ:車/バイク

Breraでドライブ 母と冬の笛吹

  • 2020.01.22 Wednesday
  • 23:09

ふと気づいた。これからしばらく平日ドライブが難しくなるのだから、今のうちに行かなくてどうする、まさに今でしょ。

というわけで、急遽前日に休みを取り、ドライブの計画。

どこもあまり雪が降っていないようだが、この数日気温は下がっているし、凍結の恐れのあるようなところにわざわざ行くことはない。お天気もそんなに良くなさそうなので、行き慣れた山梨で温泉に浸かるとするか!

 

以前から気になっている深雪温泉、ここにするならお昼ご飯場所を考えなきゃ。今回はじっくり案を練る時間はない。じゃあ、正徳寺温泉 初花、ここもずっと気になっている。もともと鰻屋さんであるこちらに行くなら、お昼ご飯はもちろん鰻。しかし、温泉の温度が少し低めなのが気になる。この時期には寒いかも。

どうしようか…と考えていると、母が「退職する前に休みが取れるなら、富士山を見に連れて行って欲しい」と。あらナイスタイミング。お天気の関係で富士山が見えるかどうかわからないけど、連れて行ってあげましょう!

大好きな精進湖に行こうかとウェブを定点カメラチェックしてみたら、やはり富士五湖周辺は路肩に雪が残っている。Breraはスタッドレスだからこの程度であれば大丈夫だろうけど、んーー、イマイチ不安。んじゃ、私の温泉気分と合体させてしまおう!

 

母に温泉ではどう?と聞くと、富士山が見れたら嬉しいが、お天気次第ならば温泉もいいかも、とのこと。では温泉で作戦を練り直し母を連れて行くのならば、王道的温泉がいい。お昼ご飯も奇を衒わないところのほうがいい。んじゃ、お気に入りのフルーツパーク富士屋ホテルに行こうか。ここならキレイだし、富士山が見えなかったとしても甲府盆地を見渡せるナイスビューだし、温泉とランチのセットもあるし。そうだ、せっかくだからほったらかし温泉まであがっちゃお。お昼ご飯はホテルでもいいし、他でもいいし。よし、これで決まりだ!

 

朝になってみると、予報よりさらに天気が良くない。なんか寒そうな曇天。テンションが下がる。さらに急な電話会議が朝から入ってしまった。しかも会議が長引いて終わったらすでに10時。テンションダダ落ち。行くの止めようか…とも思ったが、母はすっかり支度を済ませていたので、とりあえず行くことにした。このまま天気が回復しないようなら、ホテルの温泉に入ろう。

 

 

 

ほったらかし温泉にナビをセットして出発。100kmの旅。山梨は私にとって庭のちょっと先、程度の感覚。いつもの通勤路を使い、いつもの国立インターから中央道に上がる。やっぱり富士山見えないな…。晴れていれば見える場所から富士山の影も見えなかったのだが、母をがっかりさせるのもかわいそうだったのでそれは黙っておいた。が、あれ?なんか明るくなってきているような?

八王子料金所を過ぎ、八王子JCTあたりで薄日が差してきた。「私、晴れ女なのよね〜」とご機嫌な母。このまま晴れてくれるといいね。

小仏トンネルを抜け、相模湖を通り過ぎるころ、うっすらと雪の積もった山が見えてきた。やっぱりこのあたりは降ってるんだなぁ。談合坂SAを超えて幾つかのトンネルを抜けた頃、小雨が。うわ、まじか。天気は回復してくれるんじゃなかったのか…。しかし私たち親娘はそこには触れないことにした!まったく話題にせず、おもむろに数回ワイパーを動かしたのみ。それが功をそうしたのか、大月JCTを越える頃にはまた陽が差してきた。Nice!

 

どこも渋滞しておらず、順調に勝沼ICから降りる。と、なんだか靄っている。野焼きでもしているのかと思うほどのけむり具合。しかしそのような様子は見られないし、臭いもない。どうやらこれは靄。しかし、徐々に陽が差してきているのだ。望みをつないでほったらかし温泉まで上がろう!

 

12時前に到着。やっぱり笛吹市は近い。1時間半だ。ドライブにちょうどいい。

甲府盆地を覆う靄。幻想的だった。

 

ほったらかし温泉は以前にもRivaleできているが、その時も雲が多かった。その時は「こっちの湯」に入ったが、今回は「あっちの湯」。前回同様雲が多くて富士山は見えなかったが、日が出てきたのでこの季節なのに露天風呂に出るのも、別の露天風呂に移動するのもさして寒くなくてよかった。1時間近くゆったりお風呂に浸かり、上がった頃はさらに天気が快復していた。

この青い空!見事な快復だ。

 

ところどころ雲は切れているのだが、富士山の姿は見えなかった。残念。でも寒くなくて日差しも気持ちよかった〜!

さぁ、ゆっくりお風呂に入ってすっかりお腹もすいた。次はフルーツパーク富士屋ホテルでランチだ!

お手本のような逆光。RivaleもSpiderもこの角度で撮ってるんだけどなぁ。あ、今回はお昼を回っているからか。

 

 

このホテルはRivaleでもSpiderでも来ているが、どちらの時もパフェが目的だったし一人だった。ランチをいただくのは初めて。洋食か和食か、はたまたカフェで済ますか、母と二人で散々迷って、「日本料理 笛吹川」に決定。

ホテルHPより拝借

 

散々迷ったわりに、どのメニューにもイマイチ惹かれなくて(笑)、結局二人とも「天篭膳」という天ざるそば+αを注文。でも美味しかったのでよし。

すっかりお腹いっぱいになったのに、やっぱりパフェが諦め切れなくて(笑)、カフェへ移動。

このカフェのパフェはいつも美しい。

 

1月からメニューはいちごパフェになっていた(12月までは栗)。お腹いっぱいだから無理〜!と言いつつ、果敢に挑んでアールグレイをお供に完食。母も同じ言葉を言っていたが、スイートポテトパイとコーヒーを見事に平らげた。

そんな私達の努力が認められたのか、富士山が雲の向こうに見え隠れするまでになった!

綿帽子かぶった富士山が見えるだろうか?

 

富士山目的だった母はもちろん大喜び。肉眼ではしっかり見えてる富士山がiPhoneで撮ると小さくなってしまうことには不満だったようだが、それでも「やっぱり日頃の行いがいいからね」とご満悦。よかったよかった。

 

15時を回ってしまったので、主婦な我々としては洗濯物が気になりだした。早く帰らなきゃ、と帰途へ着く。

帰りも渋滞なし。母は中央道に乗った頃から八王子料金所までぐっすりお昼寝。助手席で母が寝ていても全然構わない。隣で寝られても別に私も眠くなったりしないし、一人でドライブすることの方が多いからどちらかというと寝ていてくれた方が静かでいい(笑)。

 

素晴らしい燃費!

 

順当に1時間半足らずで帰宅。急遽決まった平日ドライブだったが、充実かつしっかりリフレッシュできたいい休暇になった。楽しかった!次に行けるのはいつかな。

 

JUGEMテーマ:天然温泉ALFA ROMEO

クルマ生活が変わる

  • 2020.01.18 Saturday
  • 22:16

今月で今の会社を退職する。別の会社に転職するのだ。

先日のオフでもそのお話をしたのだが、「それがどうした?」と思われた方もいらしたかと思う。実は私の車生活方面から見て大きな問題なのだ。

 

1.クルマ通勤生活が終了してしまう

むむ〜。次の勤め先は都心方面なので電車通勤。あぁ、魔の中央線通勤…

これまでも週に何度か都心方面に出社するときは電車通勤だったが、平均すれば週3回はクルマ通勤だった。精神的にも電車通勤はキツイ。うちに帰るまで仕事をしている気分だが、自分のクルマならば乗ればすでに気持ちはオフに切り替わった。何といっても運転することが「ご褒美」だったから、帰るだけで嬉しかったし。何度かそのままドライブにも行っちゃったし。

 

2. クルマを持っている必要性がなくなる

3年前までクルマから離れていた。クルマがなくても生活できるところに住んでいるからだ。3年前にFIAT 500cを買ったのも「クルマ通勤の方が速くて楽だから」というのがいいわけだった。実際には所要時間はほとんど変わらないのだが、前述の通り気分がまったく違う。それでクルマを購入することに賛成を得て、なし崩しに2台体制となった。これが一変、クルマがなくてもいい生活に戻ってしまうわけだ。もちろんクルマがなくても生活できるがあったほうが便利なわけで、なので手放すつもりはないのだが、その状態で2台持ち続けることができるだろうか… 趣味車2台ってどういうことよ、って感じよね…

 

3. 弄りにくくなる

これまで通勤路上にディーラーがあったので、気軽に寄ることができた。月に3回くらい行っていたので気軽過ぎたくらいだ。オイル交換のような軽微な作業はもちろん、4,5時間かかるような作業でも朝寄って帰りに取りに行くことができたので、パーツをつけたり改変したりが簡単にできた。正しくは「頼めた」。しかし、来月からは「ちゃんと予定して」「時間を作って」「クルマを出して」行かなければならない。ハードルが上がった。しかも、これまでお泊まり入院が必要な作業の場合、会社帰りにクルマを預ければ担当さんがうちまで送ってくれて、引取の時は朝迎えに来てくれてディーラーから出勤するという、そんなスペシャル待遇もしてもらえなくなる。毎回代車手配してもらわないといけないので、作業依頼をする難易度がますます上がってしまう。

 

4. しばらく平日ドライブできない

転職してすぐは有給休暇が取れない or 取りにくいだろう。これまで月イチペースで平日ドライブしていたのに、しばらくはそれができない。うぅ、休日にドライブかぁ。母として妻として休みの日にしょっちゅう出かけるのは言いにくい上に渋滞という最悪事態が勃発しやすい状況で、それでもなお家を出ようというモチベーションを保ちにくい。心のビタミン「平日ドライブ」をどうにかして早めに復活させられるようがんばらなければ。

 

5. 運転が下手くそになる

日々の通勤は片道約20km約1時間、基礎練みたいな感じだった。短すぎず長すぎず、身体にしっかり運転を染み付かせるのにちょどいい量だった。走り慣れた道なので丁寧に走ることで細かい操作を気にすることもできたし、運転に集中できた。いつも同じ道を走るのでクルマの調子もわかりやすかったし、代車に乗っても違いがわかりやすかった。クルマを新しく買った時も早く慣れることができたし。土日も大抵運転していたし、平日ドライブも行けたので、だいたい月に1,000kmくらい乗れていた。これがしばらく土日のお出かけオンリーになってしまうのだ。絶対下手くそになる。うぅ、悲しい。

 

今から案じていても詮無いことだとわかっているのだが、あれこれ考えずにはいられない。どうなってしまうのかなぁ。

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM