2018.04.26 Thursday

シルバーのブレンボキャリパー

0

    Spiderがきたので、早速いつものディーラーさんに見せに行った。

    Breraを断っておきながらSpiderを見せに行くなんて、とちょっと思ったのだけど、今後きっとこのSpiderも診てもらうことになるだろうから、紹介は早い方がいい。

    いつものように仕事帰りにディーラーさんに寄ったのが夕方18時過ぎ。まだギリギリヘッドライトをつけなくてもいいくらいの明るさ。日が長くなったなぁ。もちろん店舗はすでに明かりがついていて、しっかりSpiderを見てもらえる明るさだった。

    何が言いたいのかって、実はブレンボのキャリパーのこと。

    この写真を見てください。よく見ていただきたいので、大きな画像でお届けします。

    見ていただきたいのは、サビとかガリ傷ではないです…

     

    このキャリパーを初めてフラミンゴ さんで見たとき、「そうか、このSpiderはキャリパーもシルバーで落ち着いた雰囲気にしてるんだなぁ。内装が赤なんだからキャリパーも赤いほうがいいのに。」と思ったのだ。それをディーラーで話したら、担当者はキャリパーをジーーーっとみて「これ、元はですよ。」というではないか!ホントびっくりした‼このシルバーが元は?ホントにっ⁈

     

    今一度、よーーーく見て欲しい。こっちが左。

    ホイールキャップはきれい、ってそこじゃないです、見ていただきたいのは!

    こっちにもこれっぽっちもの跡は見られない。すごすぎ。えー、ホントに元は

    赤の色褪せってホントにすごいんだなぁ。

     

    これはMiTo。参考まで。赤って、これよねぇ。

    こんなに見事にシルバーになるなんて、信じられない!赤くしたいけど、キャリパー塗装は高いんだよなぁ。せっかくこんなに完璧なシルバーになってるんだからこれでもいいかと思ってみたり。でもボディが黒いから、小物で色が欲しいのよね。悩む〜。

    JUGEMテーマ:ALFA ROMEO

    2018.04.22 Sunday

    Spiderの燃費

    0

      この週末は、まさにオープンカー日和。こんな日にオープンにしないでどうする!といそいそとSpiderを出したわけだが、いや、あっつい!しっかり長袖に革手袋、帽子にサングラスで、背中はびちょびちょ。夕方になったらなかなかに快適だったが、昼間はホントきつかった。

      真夏まで、そんなに時間がないので、しばらく通勤に使ってみようかと画策中。通勤時間帯は比較的オープンに適した朝と夕方〜夜なので、少なくとも帰り道はオープンにできるのではないかと。やっぱりオープンは気持ちがいい!

       

      今週末はいろんな用事がテンコ盛りで、実に忙しかった。そんなところに納車をツッコんだ私が悪い。忙しいのに興奮しているからねれなくて、昨夜も2時過ぎに覚醒してしまい、1時間半Spiderの取説を読みふけってしまい、寝不足。そんなスケジュールの合間を縫ってこんな写真をパチリ。

       

       

      Spiderは車庫に入れないので、私道に停めて無理やりツーショット。どっか並べられるところで撮りたいのだが、何といっても運転手が一人。そのために何度も往復する時間が今週末取れなかった。でも必ず実現させるぞ、おー。

       

      そして笑えたのが、Spiderの燃費。ホントに5km/L切っちゃうんだ!この総距離の1/3が高速道路だったのに4.6km/Lって!

       

       

      通勤に使ったら、ガソリン代がエライことになってしまいそう。この二日間もフュエルメーターがみるみるうちに下がっていった。

       

      そうそう、2回給油したわけだけど、どちらも満タンにできなかった。ノズルのカチンというところで止めてしまうと、全然足りていない。カチンに負けず何度か追加し、さらに勢いを緩めて入れたが、結局満タンゲージの1〜2目盛ほど手前までしか入っていなかった。

      できるだけタンクは満タンにしておきたいのに、うーむ難しい。

       

      まぁ満タンにしてもすぐ減っちゃうんですけど。通勤往復でだいたい38kmほど。街乗り4km/Lとして、9L消費。69Lタンクなので、あら7往復しかできない!こりゃ大変だ。

      エラい大喰らいのどら猫飼っちゃったなぁ(笑)。

      JUGEMテーマ:ALFA ROMEO

      2018.04.21 Saturday

      きました、Spider!

      0

        きました、きました、やっときました! Spider、ついに納車です!

        今日は東京は夏日で、オープンで走るのは帽子なしではキツイほどの気候。もちろん負けずに長袖+帽子+サングラスで運転しました!

         

        納車に向け、クルマではいけないので今朝は7時半にうちを出て、バス&電車を使って一路フラミンゴさんへ。

        途中、SUICAの残高不足で引っかかったり、慣れない路線ゆえ降りる駅に迷ったり、未知の地でバスを20分待った上、なんとSUICAが使えなかったり、そのバスに乗ったのに、google mapへの入力ミスが原因で何もないところに辿り着いてしまい、そこからフラミンゴさんまでまだ1km近くあることが判明して結局歩かなきゃいけなかったり、いくつかのドラマがあったのだが、9時40分ごろ無事到着。

        無事引渡しを受けて、10時半ごろフラミンゴさんを出て、すぐ近くのエネオスで給油していたら、なんと忘れた車検証をフラミンゴのスタッフさんが届けてくださったり(あぁ、私ってばか)、ETCカードを逆に入れてしまってエラーが出たり、せっかくガソリン代の安い千葉なのにタンクを満タンにできず、2/3くらいまでの給油で終えてしまったり(カクンと3回止まったので信用してしまったが、フュエルメーターが1/4を切っているのに30L入れてOKだと思った私が間違ってる…)、携帯とナビを連動させたのにBlueTooth経由の音楽が聞こえなくて四苦八苦してたら単に音量が小さいだけだったり、相変わらずナビに翻弄されて、高速道路の入り口までずいぶん遠回りをさせられたり、下道で通りたくなかった狭い道を案内されていることに気づかず、MiToより10cm以上車幅の大きいSpiderでMiToでも嫌な道に挑まなきゃいけなかったり、さらにいろんなドラマがあったのだが、本日納車の私にはどれも大きな心で受け止められた。初めてのSpider運転で緊張していたのだけど、これらのドラマのおかげで、その緊張がどっかに行っちゃったので、かえって良かったのかもしれない。

         

        意外だったのが、狭い道を通らされて気づいたのだけど、結構車幅180cm越えって都内の狭い道でも普通に走れるな、ってこと。多分自分の今まで感じていたMiToの通れる幅が実はSpiderくらいらしい。かなりのギリギリ感はあったけれど、狭い道で右折車をなんとか避けながら左から抜ける、みたいなことができた。ホントにちょーギリギリなのかもしれないが、少なくともぶつからなかったし、こすらなかった。

        それから、Spiderは走っている最中、まーーーったくどこにタイヤがあるのか全然わからない!特に左側は前後ともに縁石にこすってしまうのではという危機感に何度も襲われた。だって着座位置がMiToやFIAT500Cよりもずっと低いのだもの、フロントノーズがどこまでなのか全然わからないのよ。そんな状態でタイヤの位置なんてさらにわからない。この感覚、スープラに似てるなぁ、とちょっと懐かしかった。

        Spiderがオープンであるため、シートベルトの出てくる位置が低くて、他の車のようにベルトが首にあたらないのは嬉しい誤算。わざわざフラミンゴさんまで持参して乗り出し前につけたシートベルトパッドが実は不要かも、と思えるくらい低い位置。このパットはシートベルト収納の弊害になるので、外そうか思案中。でもつけてたほうが当たりは楽なのよね。

        あと、たかが1時間半運転しただけで腰に負担を感じた。多分ドライビングポジションが全然あっていないせい。これは至急改善せねば。

         

        乗り出してみれば、それこそフツーのオートマで、それでもやることなくて暇ってことはなかったのは、やっぱり愛おしいからでしょうか。高速道路でも快適。ただ、ブレーキの鳴きがすごい。これはなんとかせねば、と思っている。

         

        兎にも角にも、うちにSpiderがやってきたのであります!

        JUGEMテーマ:ALFA ROMEO

        2018.04.16 Monday

        GT-RとZ350

        0

          貴重な週末、突撃訪問にもかかわらず、さんざんクルマ談義につきあってくれた兄夫婦のクルマをご紹介。

           

          先のブログでも後姿を紹介したが、兄の乗っているのはR34のスカイラインGT-R。車検のために触媒を替えたといっていたが、いやいやこの音量はあり得ないっすよ。実家のある住宅街の入り口から自宅までは直線距離で200mほどしか離れていないとはいえ、住宅が密集しているのだが、住宅街に入ってきた途端に「あ、帰ってきた」とわかるほどの音量。もうすぐ50歳を迎える会社員の常識からは外れている。まぁ、仕方ないね。お父さんの英才教育の賜物だから。

          うちの母からはこの人気色が不評。バカっぽいと、全国のGT-Rファンを敵に回すような発言をしていた。おかあさん、轢かれちゃうよ…。

           

          天下のGT-Rだが、ゴムパーツが劣化により貼りついた跡が残っていたり、前のクルマを近距離で煽るせいか(笑)、フロントボンネットの飛び石キズが激しかったり、やはり経年劣化は感じられる。でも内装でべたべたしてるところはないし、雨漏りもなさそう(笑)。それにブレンボのキャリパーが塗りなおしたかのようにきれい。ゴールドだから?うちのMiToの赤ブレンボとは大きな違いだ。それからドアの開閉が軽くて驚いた。MiToのやたら重たいドアとは正反対。

           

          と、いろいろ見た割に、細部の写真を撮っていない。うちのMiTo越しに撮ったこの写真でご勘弁を。

           

          そして兄嫁の350Z。日本ではZ33モデルとして販売されていたフェアレディZ。逆輸入しているので左ハンドル。さすが、カッコイイ。これを30歳代前半にしか見えないロングヘアの兄嫁がぶいぶい走るもんだから、運転中はずいぶんちょっかいを出されるらしい。しかし、彼女の運転もなかなかやんちゃで…。運動神経の良さがなせる技。あたしゃ彼女のような車線変更はできまへん。

          このZはうちから少し離れた場所の駐車場に停めてある。出かけついでに駐車場に寄ってもらい、ぱちり。すっかり木の葉だらけ(笑)。

           


          こっちもいろいろトラブルを抱えていたらしく、この2台の車検含め諸調整で80人以上の諭吉さんが旅立たれたとか。国産車でこれだもの、うちのアルファロメオたちの車検代が高くてもがんばらにゃあかん。それにしても同じ年の同じころに車検を二つ通す計画を立てるとはすごいなぁ。うちの2台は毎年順番に車検が来るようにした。どちらがいいのか、考え方次第だとは思うのだが。

          兄夫婦に少しだけだがMiToを運転してもらったところ、どちらからも「このクルマ、楽しい!」と最高の賛辞をいただいた! こんなクルマどヘンタイの夫婦にほめてもらえると、これに乗ってきてよかったなぁ、としみじみ。次はSpiderでくるからよろしく!

           

          JUGEMテーマ:車/バイク

          2018.04.15 Sunday

          千葉へのドライブとソンクラン

          0

            週末はMiToの退院祝いに千葉までドライブ。実は千葉には実家というか、20歳代前半まで家族と住んでいた家があり、今ではそこに兄夫婦が住んでいるので、たまに遊びに行くのです。今回はもともと帰るつもりだった同居の母と、子ども二人を連れ、ダンナは週明けまで出張でいないので、ネコはお留守番だがイヌは一緒に。

            昼過ぎからの強風にも負けず、15時ごろにうちを出て約90kmの道のりを中央道ー首都高ー湾岸ー東関道を使って1時間半で走破。このコースは以前から比較的よく使っていたルートで、でも以前とはものすごく変わっていて改めて驚く。まず料金所渋滞がほとんどなくなっていいのだが、しかし平均速度が明らかに遅くなっていて、その点のストレスが大きい。だって、15年前は東関道はもちろん、湾岸だって追越車線を100km/h以下で走るなんてあり得なかった。しかも後続車が来ていても全く気付かず、なんのために右側車線をブロックしているのか理解できない。自分のペース結構、しかし公道なんだから周りをみようよ。まぁ、春の交通安全週間最後の週末、しかも家族を乗せてのドライブなのでやんちゃをするつもりはなかったのだが、結果的に東関道は習志野を過ぎてちょっと気持ちよく走れた。

             

            実家について兄と夕食の買い出し。二人でMiToに乗って出かけた。この時からもうずぅぅぅぅーーーーーーっとクルマ談義。うちのMiToはマルチエアエンジンを搭載してて、バルブ開閉のタイミングを連続可変的に調節できるらしく云々の話をしたら、トランスミッションはどこのメーカのものだと言われ、???となったらゲトラグの話を一通りされ、スーパーで食材を探しつつもブレンボのブレーキ機構について語り、ちょっと兄にMiToを試乗してもらって感想を聞いたり、クラッチの軽さから、それぞれのメーカーごとの味付けの違いを語ったり、お寿司の出来上がり待ちにはトランスミッションの件をスマホで調べ、TCTのことしか見つけられず、うちに帰って夕飯の準備をしながら、兄が今年10数年越えのクルマを2台車検を通して大散財だった話をし、食事をしながらクルマのデザイナーの話で花が咲き、GTRのでかいスポイラーの話からアフターマーケットのあれこれを紡ぎ。はじめは果敢に会話の方向を変えようとしていた母がすっかり呆れ果て戦線離脱した後もまだまだ談義は尽きず、日付が変わるころまで兄嫁を含め3人で断続的にクルマ話を続けました。疲れたー。

             

            そうそう、この日は自宅前に路駐をしたのだが、兄が盗難防止に、と何やら大袈裟なもんをつけてくれた。いろんなものがあるのねぇ。しかし、いつものクセでドアの施錠を忘れた私。うぷぷ。

            なんだこりゃ?と訝しがるホワイティ。

             

            日曜日は強風の中、しかし雨が止んだので、朝から兄と二人でせっせと洗車。MiToは先週日曜日に洗車してそのまま月曜日に入院し、土曜日退院の際にまたディーラーさんで洗ってもらったばかりなのでほとんど汚れていないのだが、高速での虫大虐殺の跡と嵐による細かい葉っぱ達に退散していただいた。こうして二人で洗ってみると、MiToのコンパクトさを改めて実感。比較対象がGTRなので、そりゃそうなんだけど。拭きながら細かい部品や造作などを見て、日産とアルファロメオの方向性の大きな違いを語り合ったり、トヨタの経営方針を想像したり、BMWの思い出を語ったり、つまりはまたクルマ談義。

             

            キレイになったクルマを2台連ねて、タイの旧正月のお祝いソンクランを見に、成田にあるタイの寺院へ。

            去年この辺りをチンクでGTRを追った時は全然ついていけなかったけど、今回は余裕。

            信号待ちで慌てて撮ったので、なんだか意味のない写真になってしまった…
            ホントはタイヤのぶっとさとチタンのでっかいマフラーを見ていただきたかったのに。

            懐かしき千葉マナーで運転し、なにごともなく寺院についたのだが、駐車場がちょー満員。

            好き勝手に路肩駐車されている狭い道をクルマがすれ違おうっちゅうんだからもう大変。もちろん舗装されていない道路で昨日からの嵐のおかげでぬかるんでおり、てんやわんや。上り坂の泥道で左側ギリギリを通らなければいけなくてMiToが路肩を掘ってしまい、ちょっと焦った一幕も。前輪が空転して、そうだ、こいつはFFだった!なんて思ったりして。

             

            こんな汚くなったMiTo、初めて見た… 
            雨は止んでいたが、風はまだそこそこ吹いていた。
            寺院の屋根のにょろっとした飾りとこのアヤしげな空の色がなんだかマッチしてる。

            小一時間ここで過ごした後、兄夫婦と別れ、下総ICから東関道に乗り、一路自宅へ。二日間でだいたい270kmくらいをドライブ。このくらいの距離しかも1泊しているので全然疲れない、どころかもっと走りたかった!

             

            そんなわけで、MiToは絶好調です!あ、もちろんサスペンションエラー出ませんでした。めでたし。

            JUGEMテーマ:ALFA ROMEO

             

            2018.04.14 Saturday

            MiToの帰還 今度こそサスペンションエラー治ったはず

            0

               

              5日間の入院を経て、MiTo君が帰ってきました!いやぁ、おかえり!

              ディーラーさんを出る時、一瞬またドライビングポジションに悩み、d.モードにするのも忘れ、ちょいと戸惑ったのだけど、脳みそよりも手足がMiToを覚えていて、ちゃんとすぐにいつもの運転になりました!

              サスペンションを替えたはずで、多分乗り心地が変わっているはずなんだけど、5日ぶりな上に、その間ほとんどクルマに乗っていなくて、今のところまだ違いがわからない、バカチンな私です。

               

              それにしても運転しやすい!ディーラーさんまでお借りしていたタントを運転したわけだけど、ずっと眉間にシワが寄っている自分を感じていた。タントにはかわいそうだけど、ホントにつまらないのだもの。そして、ふと気づいて驚いた、スピードメーターが140キロまでしかないの!なるほど、スピードが出ないわけだ。目的の違うクルマだと改めて認識。

               

               

              しかしまぁ、現金なほどにMiToに乗っていればニコニコ。帰り道、なんだかいつもよりもアクセルを踏み込んでいた気がする。比較的メリハリのある運転、言い換えれば燃費の悪そうな運転になって帰ってきた。

              帰ってきたのがあんまり嬉しいので、午後からちょっと千葉まで走ってきます。春の嵐で強風の中、アホみたいだが、完全復帰した(はずの)MiToを試してきます!

               

              JUGEMテーマ:ALFA ROMEO

               

               

               

              2018.04.11 Wednesday

              代車:ダイハツ タント

              0

                今回のMiToの入院に伴う代車はダイハツ タントでした。人生初の軽自動車。

                今回の入院は(も)自分の出張に合わせたので、ディーラーさんから自宅、自宅からディーラーさんの往復20キロしか走らない。とにかくうちの駐車場に入って、普通に運転できるクルマであれば、何ら問題はない状況。いやいや、いつでもそうなんですが、なんたってスポイルされちゃっているので(自分で言うか!)、こういう状況って結構新鮮なのです。

                 

                実はサスが緩くて、運転にあまり気を配らなくて済む楽ちんなクルマ(=多くの一般的な日本車)に乗ると運転していても酔ってしまうという困った性質を持っている私。それをディーラーの営業さんは覚えていてくれたのだけど、すでにallocationされていたので選択肢がなく、今回はこれを借りてきました。

                嫌味でもなんでもなく、ナチュラルに自分では絶対に選ばないであろうクルマに乗れるのもいい経験の一つと前向きにとらえてみました。

                 

                まず乗って驚いたのが、広いこと。CMでも広さをアピールしているけど、ホントに広い。特に縦方向。あんな高いところにバックミラーがついていたら、これはもうよそ見運転になってしまうのではと心配するくらい、リリパット族的に背の低い私にとっては高すぎる位置のバックミラー。そして手を伸ばせは助手席のドアに手が届くにもかかわらず、余計なものがないせいか、遠く感じる左車幅感覚。あたりまえだけど実際に走ってみれば、ミラーから見える景色を頼りにするので車幅が狭いことはわかるのだけど、なんだかうすら広い感覚は走っていても変わらない。

                 

                それから、やたら姿勢の良くなるドライビングポジション。ひざ下を直角に下すしかないレイアウトで、なんだか電車にでも乗っている感覚。なので、ハンドルが必要以上に寝ているわけでもないのに、トラックを運転しているような気分。そうか、座っている位置もいつもより高いんだ、だから余計にそう感じるのね、フロントガラスも広いし。下手に左足を投げ出すと、サイドブレーキを踏んでしまうので、きちんと膝を折っておかなければいけない。

                そして、どういう機構だかよくわからないのだけど、踏み込むと「eco」の文字が表示され、ひゅーーーーーんと音がする。これはなんだ?絶対ターボではない。走りに変わりはないから。そういえば同じクルマを代車として乗られていたガキんちょチンクさんがなんかおっしゃってたなぁ。タントに興味が全くないので覚えていないのだけどこれは何だったのだろう?

                 

                あと、狭い国道20号を走ったときに、道幅が広く感じたのもびっくりだった。ホントに車幅で道の広さってこんなに敏感にかんじるのだなぁ、と。たぶんMiToより10センチ以上幅が狭いはずで、今度くるSpiderはMiToよりさらに10センチ以上広くなるわけで。大丈夫かしら私?とちょっと不安になった月曜日でした。

                 

                そして、なにより驚いたのが、自宅での車庫入れ。ホントに車幅が狭いんだ、ちょー楽々でうちの車庫に入る、とさらに車幅を実感。いつもの繊細な調整を必要とするMiToの車庫入れは何だったのだ、と思うほどに楽ちん。

                なるほど、こんなに楽なクルマがあるから、クルマをただの移動手段としてしか考えない人が増殖してしまうのだな、と改めて実感。こんなに楽なんだもの、日常的に仕方なく移動手段を持たなければいけない人はなにも苦労してクルマを操る必要はないって思っちゃうでしょうね。

                 

                またもや、軽くクルマ酔いを感じながら、自分の世間との価値観の違いを思い知らされる代車でした。

                JUGEMテーマ:車/バイク

                2018.04.09 Monday

                ツーショット

                0

                   

                  せっかくのツーショットなのに、チンクの左側が切れてるってどういうことよ、あたし…

                  今日からうちのMiToはいつものディーラーさんで5日間の入院。それに合わせて、このクルマと待ち合わせをさせていただいた。そう、この写真でお分かりの方はおわかりのはず。

                  かっちょいいチンクとガキんちょチンクさんにお初のご対面。いやぁ、初めまして、の気がしないのですが、初めまして。

                   

                  チンクさんのチンクは写真で見ていたよりももっと素敵な色で、ホントにシックでした。

                  チンクさんご自慢のアルフィンドラムやら、あちらこちらに散りばめられたサソリ達やら、素敵な内装やら、ホールド感のあるバケットシートやら、あれこれ見て触って喋って、実に実に楽しい時間でした。私のチンクと全然違うのにふとしたところが一緒なの!ディーラーの担当さんのクルマの話とか、ちょっとした他メーカーのうわさ話とか、少しは違う話もしたのですが(でも全部クルマの話)、ほぼほぼ自分たちのクルマの話ばかりを紡ぎ、ディーラーさんにしばしば笑われてしまうほど話は尽きず、ちょっとだけのつもりが2時間近くおしゃべりしてしまいました。店内には一度も入ることなく、ずっとクルマの近くにいたので、今日の気候ではちょっと寒かったー。寒くてもクルマのそばから離れず、風と花粉に負けずに話し続けた、とも言える。とりあえずたくさんお話できて気は済んだのですが、話し足りてはおりません(爆)。

                   

                  こうしてお話してみて、改めて私ってばクルマ談義に飢えてるなぁ、としみじみ感じちゃいました。まだまだ若輩者ゆえ深いクルマ話はできないのですが、もっともっと知識を詰め込んで、さらにたくさんのクルマ話ができるようにならなきゃ!と決意を新たに帰路についたのでした。ガキんちょチンクさん、またお付き合いくださいね!

                  JUGEMテーマ:車/バイク

                  2018.04.08 Sunday

                  見る目のある少年

                  0

                    今日、出先から戻る途中、少年野球ちゃり軍団がMiToの脇を通り抜けていった。

                    その中の一人が、「あ、フェラーリだ!」と。どこどこ?と思って彼の視線を追おうと思ったら、彼はまっすぐこちらを見ていた…!!

                    おい、少年、なかなかに見る目があるぞ。キミにはこの曲線がフェラーリに繋がることがわかったんだね。オバチャンは恥ずかしいながらも嬉しかったぞ。

                    JUGEMテーマ:ALFA ROMEO

                    2018.04.05 Thursday

                    手続き終了

                    0

                      無事、車庫証明含め書類一式が揃い、本日送付。同時に残金も振り込んだ。これですべて私側の手続き終了。あとはフラミンゴさんにお任せ。

                      来週は海外からエライ人たちが来るため会議てんこ盛りで帰れない。今週中に全部終わってよかった。果報は寝て待て。

                       

                      しかし、寝て待てないので、すでにいくつか小物を買っちゃった。うひひ。危うくホイールまで買っちゃいそうだった。あぶないあぶない。

                      コーティングされてピカピカになったら、黒も気に入っちゃうかも〜。なんといってもrosso e neroなのだ。あー、楽しみだ。

                       

                      JUGEMテーマ:ALFA ROMEO

                      Calendar
                      1234567
                      891011121314
                      15161718192021
                      22232425262728
                      2930     
                      << April 2018 >>
                      Selected Entries
                      Categories
                      Archives
                      Recent Comment
                      Profile
                      Search this site.
                      Others
                      Mobile
                      qrcode
                      Powered by
                      30days Album
                      無料ブログ作成サービス JUGEM