Breraでドライブ 母と冬の笛吹

  • 2020.01.22 Wednesday
  • 23:09

ふと気づいた。これからしばらく平日ドライブが難しくなるのだから、今のうちに行かなくてどうする、まさに今でしょ。

というわけで、急遽前日に休みを取り、ドライブの計画。

どこもあまり雪が降っていないようだが、この数日気温は下がっているし、凍結の恐れのあるようなところにわざわざ行くことはない。お天気もそんなに良くなさそうなので、行き慣れた山梨で温泉に浸かるとするか!

 

以前から気になっている深雪温泉、ここにするならお昼ご飯場所を考えなきゃ。今回はじっくり案を練る時間はない。じゃあ、正徳寺温泉 初花、ここもずっと気になっている。もともと鰻屋さんであるこちらに行くなら、お昼ご飯はもちろん鰻。しかし、温泉の温度が少し低めなのが気になる。この時期には寒いかも。

どうしようか…と考えていると、母が「退職する前に休みが取れるなら、富士山を見に連れて行って欲しい」と。あらナイスタイミング。お天気の関係で富士山が見えるかどうかわからないけど、連れて行ってあげましょう!

大好きな精進湖に行こうかとウェブを定点カメラチェックしてみたら、やはり富士五湖周辺は路肩に雪が残っている。Breraはスタッドレスだからこの程度であれば大丈夫だろうけど、んーー、イマイチ不安。んじゃ、私の温泉気分と合体させてしまおう!

 

母に温泉ではどう?と聞くと、富士山が見れたら嬉しいが、お天気次第ならば温泉もいいかも、とのこと。では温泉で作戦を練り直し母を連れて行くのならば、王道的温泉がいい。お昼ご飯も奇を衒わないところのほうがいい。んじゃ、お気に入りのフルーツパーク富士屋ホテルに行こうか。ここならキレイだし、富士山が見えなかったとしても甲府盆地を見渡せるナイスビューだし、温泉とランチのセットもあるし。そうだ、せっかくだからほったらかし温泉まであがっちゃお。お昼ご飯はホテルでもいいし、他でもいいし。よし、これで決まりだ!

 

朝になってみると、予報よりさらに天気が良くない。なんか寒そうな曇天。テンションが下がる。さらに急な電話会議が朝から入ってしまった。しかも会議が長引いて終わったらすでに10時。テンションダダ落ち。行くの止めようか…とも思ったが、母はすっかり支度を済ませていたので、とりあえず行くことにした。このまま天気が回復しないようなら、ホテルの温泉に入ろう。

 

 

 

ほったらかし温泉にナビをセットして出発。100kmの旅。山梨は私にとって庭のちょっと先、程度の感覚。いつもの通勤路を使い、いつもの国立インターから中央道に上がる。やっぱり富士山見えないな…。晴れていれば見える場所から富士山の影も見えなかったのだが、母をがっかりさせるのもかわいそうだったのでそれは黙っておいた。が、あれ?なんか明るくなってきているような?

八王子料金所を過ぎ、八王子JCTあたりで薄日が差してきた。「私、晴れ女なのよね〜」とご機嫌な母。このまま晴れてくれるといいね。

小仏トンネルを抜け、相模湖を通り過ぎるころ、うっすらと雪の積もった山が見えてきた。やっぱりこのあたりは降ってるんだなぁ。談合坂SAを超えて幾つかのトンネルを抜けた頃、小雨が。うわ、まじか。天気は回復してくれるんじゃなかったのか…。しかし私たち親娘はそこには触れないことにした!まったく話題にせず、おもむろに数回ワイパーを動かしたのみ。それが功をそうしたのか、大月JCTを越える頃にはまた陽が差してきた。Nice!

 

どこも渋滞しておらず、順調に勝沼ICから降りる。と、なんだか靄っている。野焼きでもしているのかと思うほどのけむり具合。しかしそのような様子は見られないし、臭いもない。どうやらこれは靄。しかし、徐々に陽が差してきているのだ。望みをつないでほったらかし温泉まで上がろう!

 

12時前に到着。やっぱり笛吹市は近い。1時間半だ。ドライブにちょうどいい。

甲府盆地を覆う靄。幻想的だった。

 

ほったらかし温泉は以前にもRivaleできているが、その時も雲が多かった。その時は「こっちの湯」に入ったが、今回は「あっちの湯」。前回同様雲が多くて富士山は見えなかったが、日が出てきたのでこの季節なのに露天風呂に出るのも、別の露天風呂に移動するのもさして寒くなくてよかった。1時間近くゆったりお風呂に浸かり、上がった頃はさらに天気が快復していた。

この青い空!見事な快復だ。

 

ところどころ雲は切れているのだが、富士山の姿は見えなかった。残念。でも寒くなくて日差しも気持ちよかった〜!

さぁ、ゆっくりお風呂に入ってすっかりお腹もすいた。次はフルーツパーク富士屋ホテルでランチだ!

お手本のような逆光。RivaleもSpiderもこの角度で撮ってるんだけどなぁ。あ、今回はお昼を回っているからか。

 

 

このホテルはRivaleでもSpiderでも来ているが、どちらの時もパフェが目的だったし一人だった。ランチをいただくのは初めて。洋食か和食か、はたまたカフェで済ますか、母と二人で散々迷って、「日本料理 笛吹川」に決定。

ホテルHPより拝借

 

散々迷ったわりに、どのメニューにもイマイチ惹かれなくて(笑)、結局二人とも「天篭膳」という天ざるそば+αを注文。でも美味しかったのでよし。

すっかりお腹いっぱいになったのに、やっぱりパフェが諦め切れなくて(笑)、カフェへ移動。

このカフェのパフェはいつも美しい。

 

1月からメニューはいちごパフェになっていた(12月までは栗)。お腹いっぱいだから無理〜!と言いつつ、果敢に挑んでアールグレイをお供に完食。母も同じ言葉を言っていたが、スイートポテトパイとコーヒーを見事に平らげた。

そんな私達の努力が認められたのか、富士山が雲の向こうに見え隠れするまでになった!

綿帽子かぶった富士山が見えるだろうか?

 

富士山目的だった母はもちろん大喜び。肉眼ではしっかり見えてる富士山がiPhoneで撮ると小さくなってしまうことには不満だったようだが、それでも「やっぱり日頃の行いがいいからね」とご満悦。よかったよかった。

 

15時を回ってしまったので、主婦な我々としては洗濯物が気になりだした。早く帰らなきゃ、と帰途へ着く。

帰りも渋滞なし。母は中央道に乗った頃から八王子料金所までぐっすりお昼寝。助手席で母が寝ていても全然構わない。隣で寝られても別に私も眠くなったりしないし、一人でドライブすることの方が多いからどちらかというと寝ていてくれた方が静かでいい(笑)。

 

素晴らしい燃費!

 

順当に1時間半足らずで帰宅。急遽決まった平日ドライブだったが、充実かつしっかりリフレッシュできたいい休暇になった。楽しかった!次に行けるのはいつかな。

 

JUGEMテーマ:天然温泉ALFA ROMEO

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM