ミラー型ドライブレコーダー

  • 2020.01.12 Sunday
  • 23:57

Breraに新兵器投入。

JADO 9.8インチ ミラー型ドライブレコーダー

 

設置の目的はドラレコではなく後方視界確保。

想像に難くないかと思うが、Breraの後方視界はかなりよろしくない。ドアミラーと併用しても死角が結構大きい。さらに前向駐車のあとバックで出なければいけない時、バックカメラが付いているので後ろは見えるのだが、左右から来るクルマなんてまーーーったく見えない。首都高など車線変更の時にも緊張する場面が多い。特に右側への合流の時などは絶望的に見えなくて相当怖い。なので、後部窓あたりにカメラをつけられればかなり改善するのではないか、と思ったのが導入の動機。

 

結果から言うと、かなり優秀。

後方カメラが140°とかなり広角なので、隣に停まった車の直後(自分の斜め後ろ)の車両のフロントノーズの先っぽが見える。また、自分の後続車がルームミラーだとフロントグリルやボンネットしか見えないが、カメラにはナンバーがくっきり映る。右後ろについたバイクの姿もバッチリ見える。

こんな感じ。通常のミラーだと右後ろのバンは、後部ドアすら映らない。真後ろのトラックは(少し映り込みが見えているが)銀色のグリルでミラーはいっぱいになる。それがデジタルミラーだとこんなふうに「引き」で見えるようになる。

画質は結構いい。もちろんデジタル画像そのものなのだが、iPhoneで見ているのと同じくらい滑らかな。

特に夜の映像が凄まじくいい。周りが暗くても後続車のおじさんの顔がはっきり見える(いや別に見えなくてもいいけど)。

普通のミラーならこんなに街路樹の木肌が見えるようなことはない。デジタル画像ならではのクッキリさ。

 

夜間は後続車のヘッドライトで白ボケして見えなくなるのでは、と心配していたが、自動的に明るさを調整してくれるし、カメラを後部窓上部中央につけた(推奨はバックカメラ同様ナンバープレート横なのだが、Breraのそこは低すぎる)ので、ライトが直撃することもほぼない。

 

問題はふたつ。

ひとつはかなり広角なので、距離感が掴みにくいこと。上の画像で写っている右後ろのトラックは、通常のミラーの感覚では十分後ろにいると思ってしまうのだが、実際には2mほど後ろに迫っている。いつもの感覚でルームミラーに映っているから余裕、と思って車線変更をするとかなり危ない距離なのだ。

もうひとつは昼間の映り込みが激しいこと。

下の例は極端にミラーの角度を少し上向きにして、映り込みの加減をわかりやすくしたもの。

ミラー中央から下に後続の白いクルマが写っている。上部と右側はBreraの後部内装(天井とピラー)なので暗くて映り込みがなく、デジタル画像がキレイに見えている。

 

こんなふうに光の入り具合とミラーの角度によって一部デジタル画像がほぼ見えなくて、デジタル画像とのダブル鏡像となってしまい脳が撹乱される。

 

しかしこのふたつの欠点も、欠点とは言い切れない。広角で距離感が掴みにくいので通常のミラーと同じように見える「映り込み」が「いつもの感覚」を確認するのに役に立つ。慣れるとデジタル画像と通常ミラーとを見分けられるように焦点を変えることができるようになる。慣れないうちはミラーを見るたびギョッとしてしまうのだけど、ちゃんと理解した上で使えばかなり優れもの。ルームミラーは「死角確認用」と考えて距離の確認はサイドミラーで行えば、安全に走行できる。どうしても慣れないようならば、普段はデジタル画像を切ってしまえばいいのだ。そうすればただの前後ドラレコとなる。この操作はミラー下部のスイッチで簡単に切り替えられる。

 

また、ミラーがタッチパネルになっており、上下の角度はミラーを上下にスクロールするように触るだけで変えられる。また設定もミラーをタッチすることで簡単に行える。すごい。

 

あと、私には便利じゃないけど、通常のクルマではいいかもしれないこと。

バックギアとも連携しており、バックにギアを入れるとカメラが自動的に少し下を映してくれるのでバックカメラいらず。うちのBreraにはすでに付いているので、バックの時はダブルバックカメラ状態(笑)。私には要らぬ機能。

それから純正ミラーよりも大きいので、普通の後付けミラーとしても優秀。しかしBreraの場合、後部窓が小さいので、純正で十分に後部窓全てが写っていたから、これに変えても周りに内装が見えるようになっただけで視界の改善にならない(爆)。やはり役には立たぬ。

 

そもそもドラレコの機能を求めていなかったのだが、後ろも映してくれるようになったのはよかったし(あんまり煽られないけど、追突などがあった時のために安心)、GPS機能がついているので映像をパソコンで見ればで走行軌跡も見えるらしい。Gセンサー機能による事故発生時画像自動ロックも24時間駐車時の監視もしてくれるので、これまでつけていたドラレコの機能をカバーしてくれる(古いのは外してしまった)。

 

本体価格2.2万円のところ初売りセールで1.4万円だったので、値段的に満足。ただ取り付け工賃が4.4万円もかかったのは痛かったなぁ。でもレーダー探知機の移設もしてくれたし、元のドラレコも外してくれたし、キレイに配線してくれているので文句はない。

 

総じて満足、Breraにはつけてよかった。

これをBeetleに付けるか?否。あいつには似合わない。こんな文明の利器を持ち込んではいけない。

では124になら付けるか?否。オープンだとさらにさらに映り込みが激しいことが想像できる。しかも開けていれば後方の視界は広く取れるので、たぶん必要ない。だいたいカメラをどこに付けるのだ?

 

年始早々、amazonの初売セールに踊ってしまったが、良い買い物ができた、と思う!

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM