ペダルと靴の関係

  • 2019.08.18 Sunday
  • 22:25

2年前ごろ、MiToQVの購入を検討した。その時の一番の懸念は、毎日MTを運転すると面倒に感じるのではないか、ということだった。結局杞憂だったわけだが、当時、FIAT500cを運転するときにいつもマニュアルモードでシフトチェンジをしていたのにも関わらず、本当にそう思ったのだ。

実際に乗り出してみたらシフト操作は別に面倒だとは思わなかった。ただ、ヒールのある靴やサンダルでは運転しにくいのでスニーカーを履くことになり、仕事に行く時の服装が限定されるようになった。どうしてもスーツ、な時には、ハイヒールをクルマに積んで、会社で履き替える、なんてこともしたが。

 

そんな面倒があってもMTを、MiToを運転するのは楽しかった。

 

MiToQVに乗り換えてから半年後、Spiderが増車された。これはATである。重たくて大きな車体をアイシン製のATで操る。Spiderを検討した時に対抗馬となった2.2L Breraはセレスピードだった。こっちもびっくりするくらい出足が重たかったので、3.2LのSpiderの重さは上出来だと思った。なので、Aペダルをベタで踏み込むようなことは度々あるわけではない。となると、Spiderは多少踵のあるパンプスでも楽々運転ができる。タイトスカートのスーツでも運転に支障はない。これは本当に楽チンだ。シフトチェンジをするといってもパドルでするので全く問題ない。

 

MiToQVがABARTH695c Rivaleに代わった。これもMTAである。Cペダルがない。ますます仕事に行く時に服装と靴を考える必要がなくなった。よほどヒールが高いと引っかかりそうで嫌なので、別靴で行くこともあるが、そんな機会はそうそうないので(そういう時は大抵都心方面で仕事なのでそもそもクルマに乗らない)あまり足元を心配することがなくなった。 

 

そしてRivaleがBreraに代わった。またMT車に戻ったのだ。BreraはMiToQVに比べると、いや、これまで所持したどのMT車と比べてもウソみたいにシフトを繋ぎやすいのだ。それぞれのギアでの許容が広くて、多少乱暴な繋ぎ方をしても文句を言わない。なので、あまり高くないパンプスなら問題なく運転できるのだ。

しかし、ひとつ誤算が。

 

かっこよさ優先でペダル&フットレストをアルミに変えた。これがまた滑るのだ。パンプスではもちろんスニーカーでも結構滑る。特に雨の日には気をつけないと走り初めにズルッといく。特にフットレスト(なのでひどい影響はないのだが)。そういえばMiToでも何度かズルッといったことがあったが、Breraの方が頻度は高い。なぜだ?ドライビングポジションのせいだ、きっと。MiToはかなり身体を起こして運転していたが、Breraではそれよりもシートを倒している。足を投げ出すようになっているので、おそらく角度が緩やかで踏ん張った時にズルッと行きやすいのだろう。気をつけねば。

 

ということで、導入したのがこれ。

 

ドライビングシューズ。ネグローニの女性用のものを求めてみた。靴底はスパイクみたいに丸いポッチがついていて滑り止めになっている。が、これでも滑るのだ(笑)。あ、そういえばPumaかなんかのドライビングシューズも持ってたな。あれだったらどうなのだろう。

 

そんなわけでまたまたクルマによって服装(靴に合わせるため)を考えるようになった。ドライビングシューズをいつもBreraに積んでおくのが一番確実か?そうすれば服装を考えなくても済むものね。

 

男性はスーツの革靴で滑らないのかしらん?女性は履き替えるのが当たり前なのかしらん?

 

コメント
おおおお!これはいつか私も記事にしてみようと思っていた件です。

男性の自分は、なるほど女性ほど運転時の服装について縛りがあるわけではありません。ただ皆無ではないです。いちばん気を使うのはやっぱり靴です。で、結局靴と服装は不可分なんである程度は影響受けます。運転靴は軽いのが良いと思いますが、踵の形状が一番気になります。Cペダル操作よりもA,Bペダルの操作にソールの踵が尖っているタイプの靴は、最早私は履かないと思い定めました。具体的に言うと革靴はもう無理です。以前はドクター・マーティンのブーツを履いてMiToを運転したりもしたのですが、気持ち良くないんです(笑)。革靴が無理なんで例えばスーツを着る時は仕方ないからスニーカーで運転して、降りる時に革靴に履き替えるようにします。

スニーカーも千差万別で、ドライビングシューズのように踵が丸まっているデザインのものは少ないですよね。今愛用しているのはオニツカタイガーの偶然見つけたやつですが、ランニング、ウォーキング系はほぼ全滅。数が多いのに残念です。最近見つけて近々買おうと思っているのがMERRELLの「PATHWAY LACE」ってやつです。色展開が少ないのが残念ですが、普段の私の服装にもかろうじて合いそうなので、初MERRELLとなりそう。

http://bit.ly/2Nd6ThK

ネグローニも前から欲しいと思っているんですが、どうせ大枚はたくならトッヅが良いなぁとよだれを垂らし続けて幾星霜。お金の問題もありますが、トッヅを履いて、その上で違和感のない服装を、普段私がしていないのが一番の関門ですかねぇ。高い靴買ってもクルマの中でしか履かないなんて…という心理的残念感が(笑)。

ちなみに革靴を履いても運転しやすいのは、圧倒的にドイツ車らしいです。ベンツ、BMW、アウディの御三家のクルマの一番おいしいラインナップは、スーツ着て運転してるイメージじゃないですか。先日VW up!のペダルの組付けがやたらと高剛性感で腰が抜けるほど驚きましたが、あれも革靴のヴォリュームに耐えられるようにという、日常的に求められる剛性感なんでしょうね。
  • acatsuki-studio
  • 2019/08/19 6:35 AM
ABARTH純正のアルミペダルカバーが凸凹があって必要な時には滑らないので良いです。
見た目と機能の両立、上手く行かないもんですね。

ドライビングシューズこんな記事もありました。
https://www.abarth.jp/scorpion/fashion-culture/13901
acatsuki-studioさま
シフトチェンジの仕方、アプローチは違うのですが私も記事にしようと思ってました(笑)。

そうなんですよ、意外にスニーカーも踵に角があるんですよね。普段愛用のニューバランスも角があってしかも靴底が分厚い。
TOD'Sももちろん候補です。運転するためだけに大枚をはたくのは!という気持ちもわかるのですが、高いドライビングシューズを外歩きで消耗させたくない!とも思ってしまふ。

革靴でも裏打ちすればあまり滑らなくなるかもしれないですね。でも男性の革靴の場合、先端がやたら長いのもあるじゃないですか。あれって引っかかりそうですよね。ドイツ車はZ方向にもゆとりがあるのでしょうか。

確かに御三家はちゃんとしたスーツ着てそう。でもさー、イタリア人こそスーツでかっこよくクルマ乗るんじゃないんですかねー。まぁ、かっこよさのためにエンジンルームの配置すら犠牲にするんだから、我慢して運転しろってことかな。
  • Profumo
  • 2019/08/19 7:51 PM
ガキんちょチンクさま
アルファロメオのアルミペダルカバーも一応滑り止めは施されているのですが、ほぼ役にたっていません(笑)。滑らないからといって、丸い穴ポツポツは嫌なのです。相変わらずかっこよさ重視です。

この記事にあるネグローニのショートブーツも可愛くて好きです。
  • Profumo
  • 2019/08/19 7:56 PM
ガキんちょチンクさんのリンク記事にあったクラークスのナタリーのバリエーションみたいな靴を今は愛用してます。これいいですよ。安いし(笑)。

イタリア男子って、細身のスーツに先の尖ったシューズってイメージがあるんですが、確かにその服装でどうやってプントエヴォを運転するんだ?と思いますね。もっとも日本人が羽織袴じゃないのといっしょで、細身スーツってのもこっちの勝手な思い込みなんでしょうけど(笑)。メレル、買ったらこっちのブログでインプレッション書きます!
  • acatsuki-studio
  • 2019/08/22 11:49 PM
acatsuki-studioさま
このクラークスのナタリーみたいなのは幅広く洋服に合わせてくれていいですね。女性だと冬物だとこういうタイプがあるのですが、春夏はなかなか難しい。男性目線のドライビングシューズエントリー、楽しみにしています!

靴もそうですが、スーツを着ながらの運転って、特に細身のジャケットは動きにくいんですよね。シワになるし。まぁ脱げばいいのですが、オシャレなイタリア人はそれをも我慢して運転するのかしら。
  • Profumo
  • 2019/08/23 8:41 AM
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM